着色カラー写真でみる100年前の明治時代!! 西洋文化で華咲いたナウいNIPPON!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
着色カラー写真でみる100年前の明治時代!!  西洋文化で華咲いたナウいNIPPON!
 1868年、徳川家康が江戸に幕府を開いてから約3世紀、大政奉還を経て明治時代になり日本が大きく変わろうとしていた激動の時代である。鎖国が解け、西洋との貿易もはじまり、様々な新しい文化が横浜などの港町から次々と入ってきた。 その中でも、とりわけ日本人を驚かせたのは写真である。魂を吸い取られるのではないかとまことしやかに囁かれた写真ではあったが、数多くシャッターが切られ、風景から当時の伝統、庶民...

    pickup

    人気記事ランキング

    写真投稿

    写真の投稿はこちら

    運営メディア