ホーキング博士が本物ソックリの「パペット人形」である6つの証拠! 見た目が30年前より若い、過激な政治発言、合成音声システムは…!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ホーキング博士が本物ソックリの「パペット人形」である6つの証拠! 見た目が30年前より若い、過激な政治発言、合成音声システムは…!
「車椅子の物理学者」として知られるスティーブン・ホーキング博士。筋肉の萎縮と筋力低下をきたす筋萎縮性側索硬化症(ALS)を患いながら、今なお精力的に活動を続けているが、ここに来て、実は本物のホーキング博士はすでに死亡しており、現在本人とされているのはパペット人形だという、驚きの主張が飛び出しているのだ。英紙「Daily Mail」(13日付)が「ホーキング替え玉説」を裏付ける6つの証拠を挙げて...

    pickup

    人気記事ランキング

    写真投稿

    写真の投稿はこちら