ロック野郎の狂気!! 「マネキンギター」で男のハートを激しくかき鳴らせ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
関連キーワード:

,

,

 昨年11月、元ビートルズのポール・マッカートニーの来日公演は大成功のうちに幕を閉じた。71歳にしてベース・ギターを抱えて歌うあの姿を見せつけられたら、こちらはもう敬服するしかない。せめてロックな気持ちだけは、いつまでも忘れたくないものだと感じたのは、筆者だけではあるまい。今回は、そんな大人たちの思いを過激に(?)具現化する、ぶっ飛んだギターを紹介しよう。

guitar_2.jpgマネキンギター!「BuzzFeed」より

 このマネキンギター、その名も「Teenar」の生みの親は、米国バージニア州在住の楽器製作者、Lou Reimullerさん。彼は他にも「ミュージシャン」「コレクター」「芸術家」などの肩書きを持ち、別名「サンセット・ルー」としても知られる多彩な人物だ。

 解説によると、彼はヴィンテージのマネキンの両腕を取り、そこにギターのネックや弦を組み合わせて、このギターを完成させたという。ギターのボディとなったマネキンには、当然ながら服を着せ替えることもできる。そこにはなぜか日本の女子校生の服を着せたショットも。

guitar_3.jpg女子高生風!「BuzzFeed」より

 「このギターで、いつでもホットなねえちゃんをお前の腕に抱いたままステージに上がってくれ! マネキンちゃんだからよ、いくら激しくプレイしたってこいつは怒りゃしねえってもんさ!」とサンセット・ルーは語っている。誰にも想像できなかった個性的なギターで、周囲を驚かせたいロック野郎にはうってつけの名作(迷作?)だ。
(モンペ・アザブジュバーン)

人気連載
油田を発見して「経済崩壊」した国・モーリタニアのやばい謎を亜留間次郎が解説! 現在は中国政府が介入し…!?

油田を発見して「経済崩壊」した国・モーリタニアのやばい謎を亜留間次郎が解説! 現在は中国政府が介入し…!?

【薬理凶室の怪人で医師免許持ちの超天才・亜留間次郎の世界征服...

人気連載
選ばれしキャバ嬢による「プロ孫」の世界 ― 1年間の研修、3つの書類、致命的ミス… 本当にあった“罪深き世界”

選ばれしキャバ嬢による「プロ孫」の世界 ― 1年間の研修、3つの書類、致命的ミス… 本当にあった“罪深き世界”

ある元キャバ嬢から聞いた怖い話です。  キャバクラが何を売っ...

関連キーワード

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。