クリスマスに愛の告白を考えている人必見! 世界の壮大過ぎるプロポーズ大作戦!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
関連キーワード:

,

,

,

,

,

■サプライズドライブのはずが…マークの場合

 『ニューヨーカー』誌に掲載されていたのはコチラ。バレンタインの夜、恋人のマークからドライブに誘われたアリス。「どこへ行くの?」と訊いてもミステリアスな微笑みを浮かべるだけ。しかも車に乗り込んだアリスに目隠しを手渡す始末。マークが何かサプライズを用意していると直感したアリスは黙って従い目隠しを着けたのだが……。

 数時間後、トイレに行きたくなったアリスだったが、マークはなんと「この中にして」と空のペットボトルをよこすではないか。言葉を失うアリス。だが次の瞬間、(ボーッ!)と車の外で、まるで波止場の霧笛のような轟音が鳴り響いた。もうウンザリとばかりに目隠しをかなぐり捨てるアリス――「え?」

 なんと2人は海の真ん中で砂利運搬船の上にいるではないか! マークを見ると……泣いている。マークは二人が初めて出会ったカラオケに行くつもりだったという。しかし港町を走っているうちにどういうわけか砂利運搬船に乗り込んでしまったのだ。キレそうなアリスだったが、とにかくここを脱出するのが先決、船長を探した。だが見つかった彼は英語がワカラナイ。しかも船をUターンするのを頑なに拒否する。

 するとマークがダイヤの指輪を取り出した。恐らく、アリスに渡そうと密かに持っていたものと思われる。これを差し出して買収しようとマークは試みるも、船長は指輪を眺めすかした後、ノー。とうとう2人はこの船の上で家族と連絡も取れず失踪カップル同然となってしまった。

 結局、船は南米のガイアナへ到着。アメリカ大使館へ駆け込んで、星条旗を見たときには号泣してしまった2人。心の底からホッとしていたアリスにマークがそっと訊ねた――「結婚してくれる?」

「イエス!」とアリス。

 これ全て、マークが一芝居打ったものだとしたらアカデミー賞ものだろう。
(文=佐藤Kay)

「Tegami ~ Letter (Largest GPS Drawing in the World)」 動画は「YouTube」より

参考:「Oddity Central」、「New Yorker」ほか

関連キーワード

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。