【関東で震度5弱】25日の地震は予言されていた!! 空と動物にも異変!?(画像アリ)

■地震前兆現象の目撃も!!

earthquake0525_5.jpg画像は「ANNnewsCH」より引用

・ あの“不思議な虹”が前触れだった!?

 そのほかにも、今回の地震の前兆だった可能性がある現象が観察されていた。地震3日前の5月22日に、東北から近畿地方にかけての各地で、「日暈(にちうん、ひがさ、ハロ)」や「環水平アーク」といった気象現象が観測されていたのだ。

「日暈」とは太陽の周囲に薄い雲がかかったようになり、その周囲に虹のような光の輪が現れる現象であり、「環水平アーク」とは、太陽の下に、ほぼ水平な虹が見られる現象であるが、2つが同時に観測されたケースさえあったという。

 これらは、地震の前に観測されるという説があり、これまで筆者が収集したデータを見ると、実際に大きな地震の1~5日前に出現しているケースが多い。そのような前例に鑑みて、今回も前兆現象だった可能性は捨て切れないだろう。


・ ネズミにも異変が!!

 また、筆者自身の経験になるが、今回の地震から2日前となる23日夜、東京都小平市の自宅(木造2階建て)の天井裏で、2匹ほどのネズミが、まるで運動会のように走り回っていた。これほど大騒ぎすることは極めて珍しく、いわゆる「宏観現象」としての動物異常行動のひとつだったのかもしれない。

 ネズミは人間と“同居”していることもあって、その異変が大地震発生の前兆として報告される例も多い。地震予知の研究で知られる東大名誉教授・力武常次氏(故人)の著書『地震の確率 ヘビやネズミは知っている』(ネスコ)では、1978年1月に起きた「伊豆大島近海地震」(M7.0)の3日前に、ネズミが天井裏で猛烈な勢いで騒いでいたという例が紹介されている。では、ネズミが騒いでいなければ安心かというと、そうとも限らず、震源に近い地域ではネズミがどこか別の場所へと逃げ出してしまう場合が多いようなのだ。普段うるさい天井裏が最近静かになったという場合、逆に地震に注意が必要なケースもあるということだ。


 さて、前述のように過去に数多くの地震を的中させてきた松原氏、ミッヒー氏、リシル氏の3人がシンクロして警告を発している時には、特に地震に注意した方がよさそうだ。ちなみにリシル氏は、今回の地震が起きた25日の夜にブログで「体感がおさまらず吐き気が凄いの。震源地変わり震度4~5数日以内に揺れるよ」と書いている。事実、気象庁も「今後1週間程度、最大で震度4程度の余震が起きる可能性がある」と注意を呼びかけている。今後しばらくは、ここで紹介したブロガー諸氏や自然現象に注意を払うべきだろう。


百瀬直也(ももせ・なおや)
超常現象研究家、地震前兆研究家、ライター。25年のソフトウエア開発歴を生かしIT技術やデータ重視の調査研究が得意。ブログ:『探求三昧』、Web:『沙龍家』、Twitter:@noya_momose

※百瀬氏が企画・執筆したコンビニムック『2015予言 戦慄の未来記』(ダイアプレス)、大好評発売中!

関連キーワード

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ