金正恩がもしも痩せたら超絶美男子だった?ネット民「世界一セクシーな独裁者のポテンシャルを秘めている」

関連キーワード:

,

,

,

,

,

 似ているような、いないような、あり得るような、あり得ないような……。将軍様の隣のイケメン!?(特徴的な髪型は除く)が誰だかおわかりだろうか? 実はこれ、将軍様がもしも痩せてスマートになったら……、というシミュレーション画像なのである。

金正恩がもしも痩せたら超絶美男子だった?ネット民「世界一セクシーな独裁者のポテンシャルを秘めている」の画像1画像は「YouTube」より

■将軍様は「痩せたらかなりの美男子」と話題に!?

 ややぽっちゃりとしたふくよかな外見に厳しい表情を浮かべているのが朝鮮民主主義人民共和国・金正恩最高指導者の各国共通イメージだといえるが、「痩せたら実はかなりの美男子なのでは!?」と話題になっているのだ。

 その言動や行為が、エキセントリックで冷酷で理不尽だとして、世界から孤立を深めている金正恩だが、この画像を見た人々は 「“世界一セクシーな独裁者” になるポテンシャルを秘めている!」と評判になっているという。

 もっとも、失礼ながら年々肥大化されてきており、幼少期を過ごされたスイスでの影響か、大好物であるチーズを食べることを諦めなくてはならないだろうが……。


■スッポン養殖工場で激怒し支配人を処刑

 猜疑心が強い金正恩はそのパラノイアっぷりも注目されている。

 平壌に“6.17”という自身専用の農場を持ち、レタスなどの野菜の葉も全てに毒や汚染物が含まれていないかチェックするという徹底ぶりだ。

 公開処刑の多さでも知られている同国だが、つい最近では現地指導に訪れたスッポン養殖工場で、スッポンに餌がきちんと与えられておらず、水槽にも水の供給が十分でなかったせいで多くのスッポンの子どもが死んだ、と激怒して支配人を銃殺してしまったというニュースもあった。しかし、停電のせいで水の供給が止まったことが本当の原因で、そもそも電力がまともに供給されない発電体制に問題があるとの指摘もあるが……。

 物騒な話題がある一方で一部熱狂的なファンもおり、隣国中国の南京に住むある男性は、金正恩に似せるために整形手術を繰り返しているほどだ。ベールに包まれてはいるが、将軍様の動向は常に世界中の注目の的でもある。次はどんなニュースが飛び込んでくるだろうか。
(文=Maria Rosa.S)

参考:「Mirror」ほか

※ 本記事の内容を無断で転載・動画化し、YouTubeやブログなどにアップロードすることを固く禁じます。

金正恩がもしも痩せたら超絶美男子だった?ネット民「世界一セクシーな独裁者のポテンシャルを秘めている」のページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで

トカナ TOCANA公式チャンネル