人類を滅亡から救うのは“イエスの血を引く”日本人!? 謎多き「死海文書」に秘められた戦慄の預言とは?

DeadSeaScrolls.jpg画像は「Wikipedia」より引用

 2015年7月20日、「羊皮紙の巻物に6世紀ごろ記されたとみられる古代ヘブライ語を解読した」と、イスラエルと米国の国際研究チームが発表した。この巻物は1970年、死海沿岸のエンゲディにある古代ユダヤ教礼拝所跡から、黒焦げの状態で掘り出された物だ。これまで解読不能だったが、45年の時を経て最新技術によってついにその内容が明らかになったのだ。そして、そこに書かれていたのが旧約聖書の一部であったため、「『死海文書』以来、最も重要な聖書文書の発見である」として大きな話題となった。

 さて、このニュースでも触れられている「死海文書」とは、今から70年近く前に発見された文書である。そこには、旧約聖書の最も古い写本が含まれていたため「20世紀最大の考古学的発見」と言われている。しかし、発見から半世紀以上を経た現在でも、未だにその全容は解明されていない。今回は、この謎多き「死海文書」について説明していこう。


■「死海文書」とは?

DeadSeaScrolls_2.jpg
クムラン洞窟より望む死海
画像は「Wikipedia」より引用

 イスラエルとヨルダンの国境に「死海」という湖がある。この湖は、塩分濃度が高く生物が生存することがほぼ不可能と言われているため死海と名づけられたという。1947年、死海近くのクムラン洞窟の中で、若き羊飼いの青年が群れからはぐれた仔ヤギを探している最中、偶然にも古書を発見。以降、周辺の洞窟から次々と約850巻もの古書が見つかった。そしてこれらの書物は、発見場所にちなんで「死海文書」と呼ばれることになる。

 死海文書の多くは、羊皮紙やパピルスなどに、ヘブライ語・アラム語・ギリシャ語が記されたものだった。内容は、旧約聖書の写しのほか、聖書研究の専門家も見たことがないような謎の文献が含まれていた。このことから、「キリスト教の知られざる事実を知る手がかりになるのでは」と一気に期待が高まり、一部では「財宝の隠し場所が記されているのではないか」と指摘する声も上がったが、未だに多くが謎に包まれたままとなっている神秘的な文書なのである。

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ