「ワニと水牛」のハイブリッド!? タイの農村に謎の生物が出現!!

関連キーワード:

,

,

,

 世界の不思議を追い続けるトカナは、これまで数多くのハイブリッド生物の話題をお届けしてきた。その中には「人間とエイリアン」「ゾウと豚」など、にわかには信じ難い事例も含まれていたが、今回新たに「ワニと水牛」の間で交配が起きていた可能性が発覚した!! まずは映像をご覧いただこう。

動画は「YouTube」より

 うつ伏せに安置された、奇妙な生物の死骸――。四肢は長く、蹄を持ち、臀部には細い尻尾もついている。この体形は、まさに牛としか例えようのないものだ。しかし、生物の肌は爬虫類のようにウロコ状でゴツゴツ、頭部は細長く、口が前に突き出している……そう、これはワニの特徴そのものではないか!!

CrocCow.jpg画像は「YouTube」より引用

 謎の生物は、タイの人里離れた農村に出現した。今月5日に第一報を報じた現地メディアによると、村で飼育されている水牛が産み落としたが、誕生直後に死んだという。地元住民は「ワニと水牛」の交配によるハイブリッド動物と信じ込み、当初は恐怖に怯えていたというが、現在は人々に幸運をもたらす“おめでたい存在”として祀っているようだ。

CrocCow_2.jpg画像は「YouTube」より引用

 さて、「ワニと水牛」のハイブリッドなどあり得ないと一笑に付すのは実に簡単だ。しかし太古の昔、地球には「トリティロドン」という爬虫類と哺乳類の中間動物が存在したことも判明している。地球上では、まだまだ私たちの固定観念を覆す驚愕の事態が起きているのかもしれない。
(編集部)


参考:「thairath.co.th」、「The Daily Mail」、「産経ニュース」、ほか

関連キーワード

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ