エイリアンか?地球上の生物とは思えない「異型のバケモノ」が死骸で発見される!!

関連キーワード:

,

,

,

 過去トカナでは、正体不明の不思議な生物の話題を多数お伝えしてきた。しかしそれらは、体の一部が何らかの動物に似ているなど、少なくとも“この世のもの”であることだけは確かだった。ところが今回、米国カリフォルニア州で発見された謎の死骸は、他に類を見ない摩訶不思議な姿形で人々を驚かせている。

エイリアンか?地球上の生物とは思えない「異型のバケモノ」が死骸で発見される!!の画像1画像は「The Daily Mirror」より引用

 まん丸い頭部と長い首、人間にも似た目と口、まるでスライムのような肌、そして2本の触手(?)が生えた胴体――地球上に生息するどんな動物にも似つかない、おどろおどろしい“バケモノ感”を漂わせている。今月9日、英紙「EXPRESS」をはじめとする複数の海外メディアが報じたところによると、発見者のジアンナ・ペポニスさんは自宅裏庭で偶然この死骸に気づき、すぐさま写真に収めたのちフェイスブック上にアップした。

「本当は投稿する気なんてなかったけど、正体がどうしても知りたくて」
「見つけた時、すでに息はなかったわ。友達にどんどんシェアして(一緒に考えて)ほしい」(ペポニスさん)

 写真がインターネット上に広まると、海外掲示板サイト「reddit」などではユーザーたちによる熱い議論が巻き起こった。「完全にエイリアン」「まちがいなくフェイスハガー(映画『エイリアン』に登場する凶暴な小型エイリアン)だ」という意見のほか、「有蹄動物(鹿や馬など蹄をもつ動物)の胎児だと思う。体を半分喰われてしまったのだろう」と冷静に分析する声、さらには「まったく何だかわからない。でも、これを庭から撤去するなら、その場所には塩を撒いておいたほうがいいと思う」と怯えきった反応も寄せられているようだ。

 果たして、死骸の正体が白日の下にさらされる日は訪れるのか……? 謎はますます深まるばかりだが、ペポニスさんには、これをぜひとも遺伝子検査にかけることをお願いしたい。
(編集部)


参考:「The Daily Mirror」、「The Daily Mail」、「EXPRESS」、「METRO」、ほか

エイリアンか?地球上の生物とは思えない「異型のバケモノ」が死骸で発見される!!のページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで