UFOが落とした謎の物体!? 宇宙人存在の証拠が一転、実際は…!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント2
関連キーワード:

,

,

,

,

,

■真相を知る男:ハリソン氏

 その夜から11年の歳月が流れた。ホワイト氏はビジネス上の経歴に傷がつくことを恐れるあまり、金属片の存在をひた隠しにしていたらしい。だが懸念が払拭されるとすぐに、彼は金属片を科学的に分析し、私設する博物館に展示することを目論んだ。

 分析の結果、金属片はアルミニウムを主成分とする合金であると判明した。また、そこに含まれていた同位体の一部は隕石から発見されるものと一致していたので、ホワイト氏の主張の信憑性はひとまず高まったのである。

 ところが近年、海外メディアの取材によって、金属片の正体が明らかとなった。取材に応じたのは、鋳物工場を退職したイアン・ハリソン氏である。驚くべきことにハリソン氏は、ホワイト氏の金属片と同じ物体を“庭の飾り”として利用しているという

「問題の物体は、溶け固まった研磨機(グラインダー)のカスなんです」

 ハリソン氏によれば、融点に近い温度で排出された金属の削りカスは、ホイールガードの下へと垂れ落ち、金属の粉や砥石の破片を呑み込みながら固まって、鍾乳石のように肥大していくという。

bizarreobjectfromsky2.JPG金属の削りカスが固まったもの 画像は「Express」より

機械の大きさによっては、“鍾乳石”はたやすく60センチ以上の長さに成長することができます

 この鍾乳石は、やがて研磨機の開口部を塞ぐほど大きくなってしまい、ぽっきりと折れた後はリサイクルされたり、前述のように庭の飾りに使われたりする。

「あるいは、UFOから投げ捨てられたと報告されることもあるでしょう」

 ハリソン氏は真相の解明を歓迎するとともに、多くの人が産業廃棄物に騙されてきた事実に憤りを感じつつ、自らの見解をしめくくった。

「もっとも、宇宙人たちが航海の最中に研磨機で鋳物を加工していて、そのカスをホワイトさんに投げた可能性は残ると思いますよ。彼らがなぜいまだに原始的な技術を使用しているのか、不思議に感じますけどね」

 額に汗して金属を削る宇宙人たち……。どう転んでも夢のある話にはならないようだ。それにしても、ホワイト氏が見た発光体とはなんだったのだろうか? 研磨機から出る火の粉だったのか……?
(文=Forest)

「Bob White Object Story, (Supposed Artifact from UFO) 1/2」 「YouTube」より

参考:「Express」、「The Skeptics Society」ほか

関連キーワード

コメント

2:匿名 2016年2月11日 17:19 | 返信

恒星間航行できる宇宙人なら、元素変換可能な3Dプリンタくらい普通に持ってるでしょw(スタートレックのレプリケーターのような装置)航行中に取り込んだ宇宙空間の水素分子を集積して他の有用な装置や生体維持に必要な物質を何でも作れるはず。アルミは超新星爆発の際に膨大に生成されるありふれた金属。宇宙のどこにでもある。

1:匿名 2016年2月10日 23:32 | 返信

写真で見た事があるロズウェル事件で回収されたと言われる金属片の形状・形質とは違うね。
ホワイトちゃんは、何かが落とされたと見間違いしたところに、廃棄された鋳物カスが捨てられてただけなんじゃないのか?

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。