20人の政府関係者がUFO機密を公開していた!? 博士が語った「UFO隠蔽と終末予言」とは?

 あなたは映画『シリウス』をもうご覧になっただろうか?

guria.jpgシリウス」より

 2001年、ワシントンDCにあるナショナルプレスクラブで、UFO問題に関する政府の機密が公開された。証言台に立ったのは二十数名の政府や軍の関係者である。これまでのUFOの目撃証言とは異なり、内部の人物たちが米政府の隠し続けてきたエイリアン情報を暴露したということで、世界的にセンセーションを巻き起こした。

 この「ディスクロージャー・プロジェクト」を推進した人物こそ、民間医師にしてUFOコンタクティ団体を率いるスティーブン・グリア博士である。

gria02.jpgスティーブン・グリア博士「YouTube」より

 なぜ、長年にわたって米政府がUFOとエイリアン文明の存在を機密にしてきたかというと、「公開すれば大衆がパニックになるから」というのは表向きの理由で、本当は地球的な社会システムによって特権を得ている人々にとって都合が悪いからという説が有力視されている。

 たとえば、エイリアン文明の持つフリーエネルギー技術や非資本主義的な経済システム、政治制度や宗教の形態などが知れ渡ると、それまでの地球の支配構造や既得権益が崩壊しかねない。だから彼らは大衆から常に真実を隠しておきたい。グリア博士自身はとりわけ世界最大の産業であるエネルギー利権が関係している点を示唆している。

 さて、それはさておき、実はグリア博士には、UFO問題における勇気ある先駆者という以外にも「別の顔」があった。なんと彼は「予知能力者」でもあったのだ。

神々の予定表 アジェンダ

終末期を乗り越えるために!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ