マイケル・ジャクソンはまだ生きていた?「決定的証拠」が発見される

マイケル・ジャクソンはまだ生きていた?「決定的証拠」が発見されるの画像3画像は「EXPRESS」より引用

 世界の“キング・オブ・ポップ”といえば、マイケル・ジャクソンを置いてほかにはない。シンガーやダンサーとしての圧倒的な才能、そしてスキャンダラスな私生活も含め、彼の存在そのものが極上のエンタテインメント、まさに唯一無二の存在だった。2009年6月25日、彼の訃報に接し、茫然としたファンも多いのではないだろうか。

 しかし、世界の陰謀論者のなかには、1980年代からマイケルの風貌が急激に変化しはじめた理由は“不老不死の体”を手に入れたためであり、彼の死それ自体がフェイクだったと考える人々がいる。またマイケルの棺が、死去(したとされる日)から埋葬までの間、一度も明けられることがなかった点も憶測に拍車をかける結果となった。

 つまり、何らかの理由によって彼は自らの死を偽装しなければならず、本当は人知れずどこかで生きている可能性が囁かれているのだ。しかも実際、マイケル生存説を裏づけるような証拠まで存在するのだ。今回、それらをまとめた動画がYouTubeで公開され、大きな話題を呼んでいる。

 問題の動画は、マイケルの没年月日以降、世界各地で偶然にもカメラが捉えてしまった“生きている”彼の姿を集めたものとなっている。すでに120万を超える再生回数は、世界の人々がどれほどマイケルの生存を願っているかを物語るようだが、驚くべきは動画2:30以降、今年1月に撮影されたとするマイケルの姿だろう。

 映画館か劇場か、並んで腰掛けたアフリカ系の老人2名の背後に、“あの顔”がはっきりと写り込んでいるではないか。色素が抜けてしまったような不自然な肌色、そしてクッキリと引かれた眉、そして中性的な顔立ち……すべてがマイケルの特徴と驚くほどの一致を見せる。これは、他界したとされる日から7年を経て、現在も生きているマイケルを収めた決定的写真だったのか?

 これを見た人々の反応は、まさに千差万別だ。ある人は写真の撮影場所が明かされていない点を挙げ「これはドイツのテレビ番組のワンシーンであり、間違いなく別人だ」と主張。またある人は、「生きているかもしれない、いや生きていてほしい。世界中の数百万人のファンが彼のことを想っている」と祈りにも似た感情を抱いたようだ。

 確かに、晩年のマイケルは四六時中マスコミに追い回され、かなり疲弊していた。セレブリティであることに絶望した彼が、その苦しみから解き放たれるためには、自らの死を偽装する必要があったとしても不思議ではないだろう。依然として真偽は謎のままだが、いずれにしても、もし彼がまだどこかで生きているならば、これほどステキなことはないではないか。
(編集部)


参考:「EXPRESS」、ほか

※ 本記事の内容を無断で転載・動画化し、YouTubeやブログなどにアップロードすることを固く禁じます。

マイケル・ジャクソンはまだ生きていた?「決定的証拠」が発見されるのページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで

トカナ TOCANA公式チャンネル