「インデペンデンス・デイ」が現実に!? 雲をまとい、10時間ホバリング… 世界各地で相次ぐ超巨大UFO飛来!

ID4_2.jpg映画「インデペンデンス・デイ:リサージェンス」公式ホームページより引用

 日本では今週末に公開を控えた映画『インデペンデンス・デイ:リサージェンス』。人類と宇宙人との全面戦争を描き、世界中で大ヒットを記録した超大作の約20年ぶりの続編とあって注目を集めている。しかし今、まるで映画の公開と時を合わせるように、世界各国で巨大UFOの出現が相次いでいるのだ。まさか、本当に宇宙人が地球への侵略を開始したというのだろうか? 詳細についてお伝えしよう。


■10時間も空を漂うUFO(中国)

 今月3日、中国・上海の上空に巨大なUFOが出現、たくさんの市民が目撃していたとして現地メディアを騒然とさせている。しかも、そのUFOは3日の午後8時に出現してから、日付をまたいで4日の早朝6時ごろまで、実に10時間にわたり空を漂っていたというのだから驚きだ。特に、この時間帯にソンホゥ通り(淞沪路)にいた人々の間で目撃報告が数多く上がっているようだ。

ID4.jpg画像は「EXPRESS」より引用

「最初は星だと思ったんですが、あんなに大きな星などあるはずがない。だから次は飛行機ではないかと疑いましたよ。でも、それはほとんど動かず、ただ夜空を漂っているんです」

 友人と一緒に午前4時ごろUFOを目撃してしまったイェンさんは、このように興奮を隠しきれない様子で語る。ほかにも、中国のSNS上では「望遠鏡で観察したら、赤・青・黄色の光を放っていた」「電飾凧ではないかと思ったけど、あの高さと大きさでは説明がつかない」「UFOは雲間を漂っていたが、明け方に雲とともに消えてしまった」「同じ位置に数時間も留まっていたから、光の反射ではありえない」など、驚きの声が多数投稿されているという。


■夜空にクッキリ! 変形発光体(ロシア)

 ロシア地方紙「The Siberian Times」が報じたところによると、先月29日にオムスク州チェルラクの夜空には謎の発光体が出現していた。その様子を動画で撮影することに成功したペトル・ミロノフ氏(22)は、次のように語っている。

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ