【リアル衝撃映像】マジ!? 東京の空に超高速UFO出現!突然現れ、突然消える!!

関連キーワード:

,

,

,

■驚愕の映像! 超高層ビル群上空の謎の物体

 宇宙現象観測所センター所長である筆者が、昼夜を問わず上空や宇宙のさまざまな不思議な現象を自動で記録したデータの中に凄いものを見つけた! リアルなUFOが宇宙現象観測所センター(SPOC)の「自動観測撮影装置ロボットSID-1」に、まさにオドロキの瞬間が画像として記録されていたのだ。

 画像には青空を背景にポッカリとその未確認飛行物体=UFOが浮かんでいた。それは何もなかった空間に突然出現し、そしてまた一瞬で消滅していくという異様な姿を残していたのだ。

 まずは画像を見ていただこう。

hispeedufo1.JPG2015年11月5日12時3分 東京。晴れ。超高層ビル群上空に出現した驚愕のUFO!

 青空を背景に東京の超高層ビル群の上空に出現した丸い形の物体が写っている。まったく光を反射していない真っ黒な円形の底部が不気味だ。上部にはピラミッド型のドームのような白く光るものがある。また、両端にはアンテナにも似たアームのようなものが伸びているようにも見える。

■それは突然出現した!

 時間経過とともに動画から切り出した画像を見ていこう。

hispeedufo2.JPG

 2015年11月5日12時3分51.16秒、出現直前の画像がこれだ。UFO出現画像より1フレーム前だ。高層ビル群と雲以外、鳥、ヘリコプター、航空機、あるいはUFOなど不思議なものはなにも写っていない。

hispeedufo3.JPG

 これがUFO出現の瞬間だ。12時3分51.20秒。100分の4秒という瞬間に、なにもなかった空間にUFOは忽然と出現したのだ。

hispeedufo4.JPG

 そして12時3分51.23秒。出現から100分の3秒後の画像がこれだ。再びなにもない空間だけが残された。

 UFOは一瞬で消滅したように見える。UFOはいずれかの方向に超高速で移動したのか、あるいはテレポーテーションしたのだろうか。


■UFOの詳細

hispeedufo5.JPG

 UFOの部分だけを拡大して水平にしてみると、この物体がきれいな対称図形であることが確認できる。またほぼ円形の物体を斜め下から見た状態であることもわかる、その黒色の底部は異様なほどまったく光を反射していないが、上部ピラミッド状の左側部分が太陽の光を反射しているのか、または自ら白く光っているのがわかる。

 丸い底部とその上部が四角錐か三角錐のピラミッド型のドームになっている形状ではないかと思われる。

 このような三角錐の形状の上部構造を持ったものは、唯一米軍のF-117 ナイトホークが似ているが底部は丸ではない上そもそも2008年4月22日にすでに退役し、現在は飛行していない過去のものになっている。東京上空を飛んでいたという話もない。現在このような人工の航空機は存在しないと考えられる。よって、これこそが、正真正銘のUFOであると考えられる。

 後編では、さらにこの動画が本物であることを説明するとともに、フェイク動画と本物の見分け方を解説しよう。
(文=北島弘:宇宙現象観測所センター所長)

宇宙現象観測所センター(SPOC)

 宇宙現象観測所センター(SPOC)は、地球の大気圏内の宇宙や空中で発生しているさまざまな不思議な現象や物体、なかでもUFOを積極的に補足して記録していくという意図のもとで設立された世界でも類を見ない初の試みである。(MUFONもその威力の凄さを認めている)

 宇宙現象観測所センター(SPOC)で構築した自動観測撮影装置ロボットSID-1は観測を開始して以来UFO以外にも流星、不思議な光、UFC、カミナリあるいはIFO等、宇宙や空中を移動するものを自動で検知し録画記録している。

 このSID-1は移動設置可能なので世界中どこでも観測可能だ。SID-1が撮影した画像データの画像解析・分析も専用ソフトで実施している。SID-1が撮影した画像の一部は宇宙現象観測所センター(SPOC)で公開している。

Space Phenomena Observatory Center (SPOC) (http://spacephenomena.blog.fc2.com/)で随時アップデートしている。一部YouTubeでも公開している。

 また、SID-1はUFO以外にUFC、鳥の編隊飛行、様々な自然現象や天文現象も記録することが可能だ。ご希望の方には同等のシステムを有償にて構築させていただく。

Space Phenomena Observatory Center(SPOC) 宇宙現象観測所センター(SPOC)
http://spacephenomena.blog.fc2.com/

関連キーワード

コメント

3:匿名 2016年8月16日 08:42 | 返信

虫に1票^ - ^

2:匿名 2016年8月15日 21:22 | 返信

これはよい記事
久々にメカメカしいのを見た

1:匿名 2016年8月15日 20:41 | 返信

冷静に考えた場合、
カメラの至近距離を飛んだ虫だとすれば
突然に現れて消えるような写り方をするのは実験してみれば誰でも確認できるが
胴体の羽根の大きさのバランスから見ても、虫の可能性を考えるべきかと思うが、
「鳥、ヘリコプター、航空機ではない」「アンテナに似たアーム」などと分析しながらも
なぜか一番可能性の高い虫にだけは言及しない
日光に反射して虫がメタリックに光ることもよくあることだ

そうなってくると、撮影者は本当は虫だと分かっているのではないかと疑ってしまう

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。