「8月20日~9月4日にメガ地震が起こる」ネパール地震、熊本地震を予言した男が警告

 マグニチュード7.8を記録した昨年のネパール大地震をはじめ、今年の熊本地震も予測していたといわれているオランダのフランク・フッガービーツ氏が、新たな警告を発している。太陽系の惑星の動きを分析したところ、8月21日から9月2日までの間に大地震が起る可能性がきわめて高くなっているという。予測される地震の規模は最大マグニチュード9だ。


■8月20日~9月4日に大地震か?

「8月20日~9月4日にメガ地震が起こる」ネパール地震、熊本地震を予言した男が警告の画像1Express」の記事より

 トカナの4月の記事で紹介したフランク・フッガービーツ氏は、太陽系の惑星の配置という占星術的な手法で地震を予測している地震予測家である。定期的に自身のブログをはじめ、各種SNSやYouTube動画で独自の地震予測を展開しているフッガービーツ氏だが、先頃アップデートしたブログの記事で、世に警告を発している。月末から来月初旬にかけて、きわめて大地震が起りやすい惑星の配列になっているというのだ。

 まず8月20日10時16分(協定世界時、UTC)、地球を挟んで月と水星が真反対にある状態になり、続いて11時58分には地球を挟んで月と木星が対立した位置にくる。この間に地球=水星=木星の近似惑星直列が起ることになるのだが、しばらくして21時50分には水星=火星=海王星の惑星直列も起きている。この一連の天体の動きが、8月20日から22日にかけてマグニチュード6から7の大地震を引き起こす引き金になるということだ。

 さらに8月25日には地球=火星=土星の惑星直列が起こり、同じく28日には水星=火星=木星、29日には火星=水星=地球と惑星直列が続き、この期間の大地震の発生率をさらに高めているということだ。

 そして30日には地球=太陽=海王星が一直線になって、この期間の間で2番目に高い確率で大地震が発生するという。この日に発生した場合、地震の規模はマグニチュード8以上になるという。

 最後に9月2日には、地球=太陽=海王星と、地球=水星=木星の惑星直列が時をずらして起ることで、再び大地震の可能性が高くなるということだ。

「8月20日~9月4日にメガ地震が起こる」ネパール地震、熊本地震を予言した男が警告のページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで

トカナ TOCANA公式チャンネル