旅客機が乗員乗客ごと9,000km“瞬間移動”! CERNの非公開ワープ実験とアノ墜落事故も関連か?

■ジャーマン機墜落事件にも関係しているのか?

 LHCと太陽の門の間を結ぶ線上に瞬間移動が可能な“通路”が発生したということになるのだが、この太陽の門とはいったいどんな存在なのか? 

 2000年に世界遺産に登録された前インカ期の遺跡であるティワナク遺跡の中にある太陽の門は、1500年前に建てられた高さ約3m、幅約4mの石造りの門である。一部の専門家からこの太陽の門が天文学的にきわめて重要な建造物であるといわれ、異次元空間につながる入口である“スターゲート”であるという説も囁かれている。LHCの稼動で、この太陽の門がスターゲートとして“起動”したということになるのだろうか。

 ニュースサイト「Freedom Fighter Times」によれば、LHCは“次元の歪み”を生じさせ、南米やエジプトなどの重要な史跡にシグナルを送って“スイッチを入れる”ということだ。ということは、この太陽の門のほかにも、例えばエジプトのピラミッドなどの史跡とLHCを結ぶ“通路”などが、数多く生成しているのかもしれない。

 またオルタナティブ系情報サイト「Before It’s News」などでは、2015年3月24日に墜落したジャーマンウイングス9525便の事故は、LHCの影響を受けて電気系統が壊されたことが原因ではないかと指摘している。同記事によれば、LHCが引き起こした極めて高エネルギーのマイクロ波パルスが同年3月23日から24日にかけて広くヨーロッパ大陸からアフリカ、大西洋にかけて発生していたということだ。

 旅客機の墜落事故や“ワープ”にLHCが関係しているとすれば、ひょっとするとあの航空史上最大級のミステリーであるMH370便失踪(墜落)事件にも関わっているのかもしれない。またこれら航空機事故だけでなく、かねてからLHCが巨大地震の原因になる可能性や、小規模のブラックホールを生成して隕石や小惑星を引き寄せかねないという指摘もある。今回のスクープでさらに疑惑が深まったとも言えるCERNとLHCの動向を、今後もつぶさにウォッチしていかなければならないだろう。
(文=仲田しんじ)


参考:「Express」、「Inquisitr」、「Before It’s News」、ほか

人気連載
封印映画『罵詈雑言(バリゾーゴン)』絶滅映像作品の収集に命を懸ける男・天野ミチヒロがぶった切る!

封印映画『罵詈雑言(バリゾーゴン)』絶滅映像作品の収集に命を懸ける男・天野ミチヒロがぶった切る!

――絶滅映像作品の収集に命を懸ける男・天野ミチヒロが、ツッコ...

人気連載
12歳の少年少女が“成長具合”を観察され、全裸で海へ…! 中部地方の特殊なエローカルルールとは?

12歳の少年少女が“成長具合”を観察され、全裸で海へ…! 中部地方の特殊なエローカルルールとは?

【日本奇習紀行シリーズ 中部地方】  日頃はあまり話題...