幽霊?妖精? “海外版・小さいおっさん”の猛ダッシュ姿が激写される!=米

関連キーワード:

,

,

,

,

 “狼男”の起源は古く、北欧神話に登場する狼に由来する戦士“ウールヴへジン”にまで遡ることができるという。しかし、現在広く知られている「満月の夜に変身する」という設定は、20世紀以降に文学や映画の影響で普及したようだ。ヨーロッパ各地に伝わる民間伝承では、狼男が変身する時期はまちまち。満月以外の夜、中には新月の夜に変身するという狼男伝説もあるのだ。

 狼男の設定は大衆文化の中で創作された可能性が高そうだが、美しくも不気味な満月には、科学では説明のつかない、思わずゾッとしてしまうようなことを引き起こす力が確かにあるのかもしれない。アメリカ最大級のソーシャルメディア「Reddit」に投稿された満月の夜に撮影された写真に、ありえないものが写り込んでいるとして、話題になっている。

 不可解なことに、数秒前に全く同じ構図で撮られた写真には何も写っていないというのだ。果たして、正真正銘の心霊写真なのだろうか。だとしたら、2秒の間に幽霊が駆け抜けたということか……!? 早速問題の画像を見てみよう。

幽霊?妖精? 海外版・小さいおっさんの猛ダッシュ姿が激写される!=米の画像1画像は「Disclose.tv」より引用


■2秒の間に出現した謎の影……

 この画像は、満月がとりわけ大きく見えた夜に、月明かりが自宅庭を照らし出す様子を写したもの。幻想的な静かな夜の光景といったところだろうか。月以上に大きく、強く光る街灯らしき物が写ってしまっているのも気になるところだが、問題は左の画像の約2秒後に撮られたという右の画像。芝生に子供らしき人影がはっきりと写されているではないか……!?

 この人影、顔ははっきりしないが、右足で地面を蹴っているのでおそらく走っているのだろう。不気味な印象がある一方、庭を無邪気に駆け回る子供のようにも見え、可愛らしくもある。まるで全身を使って、満月を喜んでいるようではないか。さらに地面には、影が伸びている様子も確認できる。正体ははっきりしないが、2秒の間に突如として芝生上に現れたようなのだ……。

 あるいは、よく日本の芸能人が語る“小さいおじさん”なのではないか? 自分の存在に気づかれるとサッと隠れたというエピソードをよく耳にするが、この人影も、レンズを向けられたことに気がついて逃げ隠れようとダッシュしていたのかもしれない。

 

■「Photoshop」でもレンズの汚れでもない!!

 投稿者「MeTarzanYouJane」は、この不気味な画像に写る人影の正体が何なのか教えてほしい、と今回「Reddit」に投稿したのだそうだ。投稿者によると、この画像を撮影したのは投稿者の高齢な家族で、撮影時には全く異変に気付かなかったという。

 一部のユーザーからは、「Photoshop」などの画像編集ソフトの使用、つまりイタズラを疑う声も出ているが、投稿者はこれを完全否定する。

「私の高齢な家族は、『Photoshop』なんて言葉聞いたこともないんだ」(MeTarzanYouJane)

 投稿者はさらに、レンズの汚れが人影を生み出した可能性も否定している。同じカメラで撮影された2秒前の写真には何も写っていないので、レンズの汚れなどの撮影条件に変化があったとは考えにくい。

 全くの謎に包まれており説明不能なこの画像、読者はどう判断するだろうか。肉眼では見えないが、写真にぼんやりと姿を現した不気味な人影。駆け回る子供の幽霊か、小さいおっさんか、妖精か…。その正体は全く分からないが、我々が気付かないだけで、彼らは至るところに存在するのかもしれない。
(坂井学)


参考:「Disclose.tv」、「Daily Mail

※ 本記事の内容を無断で転載・動画化し、YouTubeやブログなどにアップロードすることを固く禁じます。

幽霊?妖精? “海外版・小さいおっさん”の猛ダッシュ姿が激写される!=米のページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで

トカナ TOCANA公式チャンネル