「量子論は仏教の教えと同じ」ダライ・ラマ14世が感動解説! “シュレーディンガーの猫”も一致、科学と宗教が統合へ!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント3

DalajLama.jpgダライ・ラマ14世 画像は「TRUTH THEORY」より

■「量子論はナーガールジュナの仏教思想と同じ」

 ダライ・ラマはこのほかにもこの会議のスピーチで、仏教の教えと量子論のさまざまな一致点を語っている。その中でも特に、インド人物理学者のラジャ・ラマナ博士とかつて交わした話がとても意義深いものであったということだ。

「15年から20年くらい前、ある会議でインド人物理学者のラジャ・ラマナ博士がナーガールジュナ(龍樹)の仏教思想と量子論との一致があまりにも多いことに驚きを禁じえ得ないと話してくれました。(インドの)プレジデンシー大学の副総長が以前、量子力学によれば客観的に存在するものは何もないことになると教えてくれましたが、これは瑜伽行派(ゆがぎょうは)と中観派の見解との一致を思わせるもので、特に物事は説明の仕方によってのみ存在するというナーガールジュナの仏教思想と同じものなのです」(ダライ・ラマ14世)

madhyamaka3.JPG 画像は「Wikimedia Commons」より

 ナーガールジュナは大乗仏教における中観派の祖といわれ、“空”の思想を説いたとされている。“空”の思想によれば、物事には実体はなく、あるプロセスの途中の姿として認識(中観)されているだけであり、無でもなければ有でもない“空”であると論証している。

 一方、量子論において例えば「シュレーディンガーの猫」は、人間が箱の中を“観察”してみることで初めて猫の生死が決定されると説明されている。つまり観察者の解釈によって、現実が形作られていることにもなり、もしそうであれば現実とはいかような解釈も盛り込める空の箱のようなものであるともいえる。確かにナーガールジュナの思想と量子論は相通じるものがあるのかもしれない。

 仏教理論と量子論との融合の試みはまだまだ始まったばかりといえそうだが、将来において科学と宗教が統合した暁には人類は次のステージに“進化”を遂げるのかもしれない。混迷を深める昨今の世界情勢だが、このような将来に大いに期待が持てる興味深い話題は、この世もまだまだ捨てたものでないと思わせてくれる。
(文=仲田しんじ)


参考:「Collective Evolution」、ほか

コメント

3:立命館大学名誉教授 山田廣成 2017年8月8日 11:04 | 返信

初めまして。
私は立命館大学の名誉教授で量子力学が専門です。

かねてよりダライ・ラマ法王が量子力学に御興味をお持ちと伺っております。
私も量子力学と仏教には強い相関があるとかんがえております。
私は、「量子力学が明らかにする存在、意志、生命の意味」および「地球に真の平和をもたらす量子哲学」という2冊の本を出版しております。
私は核物理が専門ですが、現在一般に信じられている量子力学の解説に違和感をもち、新しい解釈を示したのが前記の本です。
シュレディンガー方程式は、存在の意味を明らかにしていますが、電子はそれぞれ個性を持ち、互いに対話していて、その存在は他の電子により規定されていることを明らかにしました。全く同じ電子は一つもありません。全く同じ人間が居ないのも同様です。全ての人間が唯我独尊です。そして、人間の存在が他者により規定されるのは、人間が電子でできているからであるという結論に至りました。人間が他者により規定されていることは、正に仏教が示したところです。
 お釈迦さまは、自然が何かそして人間が何かについて悟りを開かれたと思います。私は宗教者ではありませんが、量子力学を深く学ぶことにより悟りが得られたと思います。そして、地球に真の平和をもたらすには、量子力学という科学から導かれる共生原理しかないと考えています。
私は、この見解をダライ・ラマ法王と共有させていただきたいと思います。
本は、極めて専門的な物ですが、既に5000冊を売り上げています。
どうぞ宜しく。

2:匿名 2017年5月17日 06:44 | 返信

1さん、科学も宗教だよ。
ジェンナーが子供に種痘を施さなければ天然痘は駆逐されなかったでしょうが、21世紀の今、それをやったら「人体実験だー!」「児童虐待だー!」「人権無視だー!」と大炎上必至。世の中がそれを認めれば科学になるが、認めなければ異端者になる。宗教も科学も本質は大して変わらない。

1:匿名 2017年5月17日 04:55 | 返信

科学を抽象的に捉えたものが宗教
やはり宗教は毒でしかない

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。