「2017年日本は中国に消滅させられる」禁断の書『推背図』が予言! 日中開戦で日本滅亡、李鵬元首相も発言!

■第三次世界大戦勃発!?

「2017年日本は中国に消滅させられる」禁断の書『推背図』が予言! 日中開戦で日本滅亡、李鵬元首相も発言!の画像3大紀元」より参照

 ここからは、『推背図』の驚愕の未来予言を紹介しよう。「第43象/原第56象」の図に描かれている未来予言である。

「第56象」の図を見ればわかるとおり、2人の男が槍を持って向かい合って口から火を吹いている。空中に向かい合う二羽の鳥、海で向かう4匹の魚。これは戦いの図に他ならない。

讖曰    讖に曰く
飛者非鳥  飛ぶものは鳥にあらず
潜者非魚  潜るものは魚にあらず
戦不在兵  戦う兵にあらず
造化遊戯  造られたバケモノが遊戯する

「飛ぶものは鳥にあらず、潜るものは魚にあらず」という文章からは、飛行機や潜水艦のことを連想させる。

「戦う兵にあらず」は、戦いに兵士が必要なく兵士以外の何かが戦うということだろう。これはパイロットが乗っていない無人戦闘機や乗組員がいない小型潜水艦、あるいはドローンやロボットなどが戦っている様相を指しているとは言えないだろうか。そして「造られたバケモノが遊戯する
」は、これらの人造のバケモノ機械が、まるで遊んでいるかのようにゲーム感覚で戦いを繰り広げることをあらわしているように読み取れ、現代のハイテク戦争そのもののように受け取られる。

 まさしく第三次世界大戦の様子を表現しているかのようだが、ここで注目したいのが、図に、己未(きのえひつじ)が示されているため、未年(ひつじどし)つまり2015年のことではないかという点だ。

 2015年、ローマ教皇が「11月13日に起こったパリ同時テロは、第三次世界大戦の一部だ」と第三次世界大戦について言及していると話題になった。ゆえに、2015年の時点で第三次世界大戦が始まっていたと解釈するなら、『推背図』の予言は当たっていたと言えるだろう。1300年先の未来の戦争まで予言していたとは、まったくもって恐るべき『推背図』だ。


■2017年日中戦争が始まる!

 中国では『推背図』を特別な予言書として全国民が注目している。そして、中国のテレビ番組「驚爆新聞線」では、『推背図』の2017年予言を専門家が予想する番組が放送された。番組のなかで、文学歴史研究者である楊蓮福氏の予言に注目したい。

動画は、YouTubeより。8分26秒あたり
動画は、YouTubeより。9分56秒あたり

 楊氏が指し示している図は、「第44象/原45象」の予言である。

「2017年日本は中国に消滅させられる」禁断の書『推背図』が予言! 日中開戦で日本滅亡、李鵬元首相も発言!の画像4大紀元」より参照

讖曰   讖に曰く
有客西来 客の西より来たり
至東而止 東に至りて止るあり
木火金水 木火金水
洗此大恥 この大恥を洗う

頌曰      頌に曰く
炎運宏開世界同 炎運宏く聞きて世界同じく
金鳥隠匿白洋中 金鳥隠匿す白洋の中
従今不敢称雄長 今より敢えて雄長を称せず
兵気全消運已終 兵気全く尽き運すでに終わる

 これを読み解くと、太平の世にあって戦火が起こることを意味する。

 中国を欺く国家があり、軍隊を中国に向けて派遣するという。しかし、軍隊は上陸する前に消滅させられ、以後中国を侵略することはなくなる。攻め入ろうとする国とは東の隣国日本のことであると解釈するのだ。

 そして、楊氏は、「今年2017年こそ日中開戦する!」と解説している。

 実は、日本では反日感情を煽るという理由で語られていないが、中国ではまことしやかに『推背図』に書かれた「日本が消滅する」という予言が信じられているといわれている。その証拠に? 1995年には、中国の李鵬元首相がオーストラリア訪問の際、ハワード豪元首相と会談中、「後20年も経てば日本は消滅する」と語ったという。これも『推背図』の「日本消滅予言」にからめた発言である可能性は否定できまい。

 1995年から20年後といえば、ちょうど今この時期である。今年2017年、日本は消滅の危機を乗り越えて生き延びられるだろうか?
(文=白神じゅりこ)

参考:『古代中国の大予言書「推背図」開封 (超知ライブラリー)』佐藤六龍(著)/徳間書店
『未来仏ミロクの指は何をさしているか―2012年・25年・39年の秘予言』五島勉(著)/青萠堂
日刊大衆
   

「2017年日本は中国に消滅させられる」禁断の書『推背図』が予言! 日中開戦で日本滅亡、李鵬元首相も発言!の画像5

★白神じゅりこ
オカルト作家・コラムニスト・ライター。ジャンルを問わず幅広く執筆。ジャンルを問わず幅広く執筆。世の中の不思議を独自の視点で探求し続けている。
ダイアプレスより『2016予言 驚異のシナリオ』、『恐怖の洗脳ファイル』、『UMA未確認生物の真実』も発売中!
・ ブログ「オカスピブログ 東京怪奇大学

関連キーワード

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ