9.11予言文字からダサすぎる文字まで… 有名フォントをめぐるビックリ秘話5選

 世の中には多くの文字のデザインが溢れており、企業は商品を魅力的にアピールするため、さまざまなフォントを用いて消費者向けの広告を打ち出している。しかし、日々目にするフォントの成り立ちを知る人は多くないはずだ。そこで今回は、数あるフォントの中から、面白い逸話や起源を持つよりすぐりのフォント5選を紹介しよう。


■Wingdings

9.11予言文字からダサすぎる文字まで… 有名フォントをめぐるビックリ秘話5選の画像1画像は、「TAXI」より

 さまざまな絵文字が表示されるフォント「Wingdings」は、元々手書きで描かれたもの。1984年に英国ロンドンでデジタル化されると、1990年にはマイクロソフト社によって買収され、世の中に出回るようになった。「Wingdings」が有名になった事件として、2001年に米国で起きた9.11テロが挙げられる。同フォントを用いてワード上で「Q33NYC」と入力すると、飛行機と2つのビルのような絵文字、その横にドクロマーク、六芒星、親指を挙げOKのジェスチャーをする手のマークが並ぶ。この絵文字の羅列は、飛行機が2つのビルに突っ込み死者が出るさまを示唆しているように見え、一部の間で9.11テロを予言していたフォントと話題になった。

9.11予言文字からダサすぎる文字まで… 有名フォントをめぐるビックリ秘話5選の画像2画像は、「DEVIANT ART」より

 

■Comic Sans

9.11予言文字からダサすぎる文字まで… 有名フォントをめぐるビックリ秘話5選の画像3画像は、「Identifont」より

 英語圏で“ダサさの極み”と酷評され、マイクロソフト社最大の失敗作との呼び声も高いフォント「Comic Sans」は、1994年にヴィンセント・コネアによって製作された。当時開発された子ども向けソフトのキャラクターの“吹き出し”専用として、ヴィンセントは同フォントをデザイン。マイクロソフト社のWindows95に「Comic Sans」が組み込まれ、数百万規模のユーザーが使用できるようになるも評判は散々で、批評家からも幼稚なフォントだとこき下ろされる始末。しかし失読症や難読症を患う子どもが好んで使用するようになり、一部の間では人気のフォントのようだ。

9.11予言文字からダサすぎる文字まで… 有名フォントをめぐるビックリ秘話5選の画像4画像は、「Alchetron」より

■Dyslexie

9.11予言文字からダサすぎる文字まで… 有名フォントをめぐるビックリ秘話5選の画像5画像は、「THE EYE」より

 オランダ人デザイナーで失読症に悩むクリスチャン・ボーアは、自身の読み書きを簡単に、そして正確に行えるようにと「Dyslexie」を開発。失読症の患者は、目にする文字を頭の中で反転させたり置き替えたりしてしまうため、文字の認識自体が困難になる。そこでクリスチャンは失読症患者の悩みを解決するため、1つひとつの文字の違いを際立たせたフォント「Dyslexie」を製作することに。クリスチャンは文字の反転防止策として各アルファベットの下部分を太めに描き、さらに“V”や“W”などの似た形を持つ文字は、切り返しの位置をずらしたり、片方を大きく描くことで違いを強調。その結果、失読症患者の間でも「Dyslexie」は効果的に働いているという。

9.11予言文字からダサすぎる文字まで… 有名フォントをめぐるビックリ秘話5選の画像6画像は、「STORYTELLERS FOR YOU」より

人気連載
村田らむが三重県伊賀市を「ニンニン忍者尽くし」のぶらり旅! 1人で行っても超楽しい…絶ッ対に行きたくなるルポ

村田らむが三重県伊賀市を「ニンニン忍者尽くし」のぶらり旅! 1人で行っても超楽しい…絶ッ対に行きたくなるルポ

――B級スポット、樹海や禁断の土地、ホームレス取材を得意とす...

人気連載
「美しすぎる母親」をもった精神科医を襲った“美醜の苦悩”! 蘇る母の性的な記憶とコンプレックス

「美しすぎる母親」をもった精神科医を襲った“美醜の苦悩”! 蘇る母の性的な記憶とコンプレックス

<第6回 春日武彦→末井昭> ■■■■■猫嫌い■■■■■ ...

9.11予言文字からダサすぎる文字まで… 有名フォントをめぐるビックリ秘話5選のページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで

トカナ TOCANA公式チャンネル