幻の深海魚「ゴーストシャーク」が湘南の海岸に出現か!? 8月までに神奈川で大地震の可能性!!

【緊急レポート】幻の深海魚「ゴーストシャーク」が湘南の海岸に出現か!? 8月までに神奈川で大地震の可能性!!の画像1写真提供:Aさん

 数日前、筆者のブログ「探求三昧」の読者から、奇怪な外観をした深海魚らしき生物の写真が送られてきた。今月13日、湘南の海岸に打ち上げられていたところを発見したというのだ。しかも、それは世界でも極稀にしか出現しない幻の深海魚「ゴーストシャーク」ではないかという。筆者のもとに写真を送ってくれたのは、地震の前兆かもしれないと危惧してのことだろうが、果たして真相はどうなのか? 大至急、考察しなければならない。


■謎多きゴーストシャークの生態

【緊急レポート】幻の深海魚「ゴーストシャーク」が湘南の海岸に出現か!? 8月までに神奈川で大地震の可能性!!の画像2

 今回、写真を送ってくれたのは神奈川県在住の女性(以降Aさん)だ。中郡二宮町の東海道線・二宮駅付近の梅沢海岸を歩いていたところ、この奇怪な魚が打ち上げられていたという。すでに息絶えているようだったが、外観があまりにも珍しいため写真を撮影したとのこと。その後、ネットで深海ザメを調べてみると、ゴーストシャークに非常に似ていることに気づき、かねてより深海魚の出現と地震発生の関係について調査してきた筆者に送ってくれたようだ。

 恐らく読者にとってゴーストシャークは、あまり馴染みのない存在だろう。グーグルで検索しても、上位に出てくるのは、2013年に製作された同名のアメリカ映画ばかりだ。同映画は、一度人間に殺された巨大サメが復讐のために蘇り、文字通りゴーストとなって人間に襲いかかるというホラーパニック映画である。

 しかし、生物としてのゴーストシャークも映画に負けず劣らず謎に満ちた存在だ。ギンザメ目ギンザメ科に属するが、その生態は今もよくわかっていない部分が多い。目が異様に大きいのが外見上の特長だ。

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ