【衝撃】南極に堕天使が閉じ込められていることが“謎の重力異常”で判明か!? 禁断の聖典『エノク書』の記述と完全一致!

関連キーワード:

,

,

,

,

,

,

 太古の昔、熱帯の楽園であったはずの南極大陸。今では、その表層の98%が分厚い氷に覆われた不毛の地となっているのはご存じの通りだ――。


■「南極に天使が閉じ込められている」

antarcticariddles1.JPGAlien Policy」の記事より

 2006年、NASAは人工衛星を使った調査で、雪原の下に巨大な電磁気異常を検出したと発表した。重力異常が見つかったのは、凍結した地表から848メートルの深さで、直径は約243キロメートルにも及ぶという。科学的仮説は「かつて地球上から恐竜を絶滅させた隕石の約2倍の大きさの巨大隕石が落下し、直径483キロメートルの衝突クレーターの中央にとどまっているためでは」ということのようだ。

 しかし、これはNASAによる“優等生の模範回答”でしかない。ルーマニアを拠点とする陰謀検証サイト「Alien Policy」(6月17日付)は、この重力異常について「天使が閉じ込められている」からと大胆に推論している。これは3月14日にYouTubeのチャンネル「Israeli News Live」で報じられた「堕天使は南極大陸に囚われの身となっており、今なお生きている」が元ネタのようだ。

 動画では、コメンテーターのスティーブン・ベン・ナン氏が興味深い考察を披露している。「最近、『エノク書』を読んでいて発見したんです。18章に、エノクは『昼と夜が燃えていた』場所を描写していますが、夏場の南極を示唆するようです。また、『7つの山脈』にしても、南極のセンチネル山脈を意味していると直感しました」(スティーブン・ベン・ナン氏)

The Fallen Angels Imprisoned in Antarctica and are still Alive! 動画は「Israeli News Live」より

関連キーワード

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ