土星の北極に形成された「超巨大6角形ヘキサゴン」の謎! 色・形・精巧さ…すべて怪しい、UFO基地かイルミナティのシンボルか?

土星の北極に形成された「超巨大6角形ヘキサゴン」の謎! 色・形・精巧さ…すべて怪しい、UFO基地かイルミナティのシンボルか?の画像1画像は「Express」より引用

 土星の北極を取り囲む固定的な六角形(ヘキサゴン)の波紋が広がっていることをご存知だろうか? その存在自体は、NASAの無人宇宙探査機「ボイジャー」が撮影した画像から、35年ほど前より知られていたが、その奇妙な姿はこれまで科学者らを悩ませ続けてきた。


■地球の2倍以上大きい「土星の六角形」

土星の北極に形成された「超巨大6角形ヘキサゴン」の謎! 色・形・精巧さ…すべて怪しい、UFO基地かイルミナティのシンボルか?の画像2画像は「Express」より引用

 不思議なことに、土星の北極にのみ六角形が形成されており、南極には存在しない。その全幅は32187km(地球の直径は約13000km)にも及び、時期に応じて青や金に色を変え、自転周期に合わせて回転しているという。土星と同じく輪を持つ木星や天王星の極には、このような六角形は形成されていない。

 時速約360kmのジェット気流が吹きすさぶことで、六角形が自然に形成されるという科学的説明もあるが、現時点も定説となるような理論はないようだ。そのようなわけで、一部ではオルタナティブな可能性も指摘されている。

土星の北極に形成された「超巨大6角形ヘキサゴン」の謎! 色・形・精巧さ…すべて怪しい、UFO基地かイルミナティのシンボルか?の画像3画像は「Express」より引用

 英紙「Express」(7月19日付)によると、イルミナティのシンボル、UFO基地、あるいは異次元への扉ではないかと噂されているという。確かに、自然物と考えるにはあまりにも完璧な六角形であり、人工物と考えたくなる気持ちも分かる。もし知的生命体が、これほど巨大な構造物を人工的に作ったとすれば、人類を遥かに凌駕する文明を持っていることは間違いないだろう。

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ