阪神タイガース「六甲おろし」は超ヤバい性犯罪の“隠語”にもなっていた!! 関西輪姦グループ“鬼畜の所業”を関係者が暴露

阪神タイガース「六甲おろし」は超ヤバい性犯罪の隠語にもなっていた!! 関西輪姦グループ鬼畜の所業を関係者が暴露の画像1画像は「ウル虎の夏2017」より引用

 後半戦に突入したプロ野球。依然としてセ・リーグは広島が首位をキープしている。それに阪神が続いており(23日現在)、今後ペナントレースは予断を許さない状況だ。もし阪神が優勝すれば、球団歌「六甲おろし」が球場に響き渡ることだろう。まさに虎党の悲願ともいえるが、もしその「六甲おろし」が極悪非道の性犯罪の隠語として用いられているとしたら、ファンは怒りに打ち震えるに違いない。関西のアングラ事情に詳しい関係者がこう話す。

「女をワゴン車で拉致って、輪姦(まわ)すグループがいるんです。抵抗したら『殺す』と脅して、言うこと聞かせます。もちろん避妊はせず、生で中出し。それだけではありません。そのまま六甲山に行って、全裸のまま女性を車から降ろすんですよ。通称、これを『六甲おろし』っていうんです」

 これは恐怖以外の何物でもないだろう。問題の事を起こす時間帯は真夜中のため、あたりは真っ暗。そこに全裸で放り捨てられれば、パニックにならない方が不思議だ。同関係者が続ける。

「このグループの狙いは、いくつもトラウマを仕掛けて戦意喪失させることにあります。輪姦して中出しした挙げ句、夜の六甲山で全裸で1人ぼっちになれば、警察に駆け込もうという気すら失ってしまう。それより前に、自分の身に起こったことを理解するのに苦しみますよね。被害女性は、警察に保護されても恐怖すぎて何もしゃべらないそうです」

 仮に彼氏と一緒に歩いていても、この鬼畜グループは2人とも容赦なくさらうという。そして彼氏をボコボコにし、その目の前で彼女を輪姦するというから、もはや人間の所業ではない。だが、さらに悲劇的な結末を迎えることもある。

「全裸で降ろされた被害女性は為す術もなく、六甲山を降り始めるんです。その場にいても仕方がないので。でも、他の車の運転手が気づいても、全裸で放心状態の女性は、ホラーすぎて車を止めないらしい。そして、運悪く他の鬼畜グループに見つかるケースもある。そしたら、もう1回輪姦されることになるんです。女性は抵抗する気は完全にゼロ。男たちの欲望を存分に満たした後、再び『六甲おろし』をされてしまうんですよ」(同関係者)

 ここまでズタズタにボロ雑巾のように扱われれば、精神に異常をきたす可能性すらあるだろう。誰もが知る阪神タイガースの応援歌が、こんな鬼畜たちの隠語としてまかりとおっているとしたら、許されるはずもない。警察当局のよりいっそうの取り締まりと、司法による厳しい法の裁きが下されることが望まれよう。

文=編集部

※ 本記事の内容を無断で転載・動画化し、YouTubeやブログなどにアップロードすることを固く禁じます。

阪神タイガース「六甲おろし」は超ヤバい性犯罪の“隠語”にもなっていた!! 関西輪姦グループ“鬼畜の所業”を関係者が暴露のページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで

トカナ TOCANA公式チャンネル