なぜ人は辛くても生きるべきなのか? ホーキング博士が“ウツ病をブラックホール”にたとえた奇跡のメッセージが心に響きすぎる!

なぜ人は辛くても生きるべきなのか? ホーキング博士がウツ病をブラックホールにたとえた奇跡のメッセージが心に響きすぎる!の画像1画像は「Youth Connect」より引用

 理論物理学者スティーヴン・ホーキング博士は、地球上で最も素晴らしい知性の1人といって差し支えないだろう。そして、彼の業績のほとんどが車椅子の上で、しゃべることもできない状態で成し遂げられたことを考えれば驚嘆という他ない。今回は、そんなホーキング博士が人生・仕事・愛・障がい・鬱病について語った感動のメッセージをご紹介したい。


■ホーキング、人生を語る

「足元ばかり見てないで、夜空の星を見上げることを忘れないで下さい。自分の仕事を諦めてはいけません。仕事はあなたに意味と目的を与えてくれます。そして人生は仕事がなくては空虚なのです。もし、あなたが幸運に恵まれ、愛する人に出会ったならば、愛はそこにあることを忘れないで、決してそれを投げ捨てないで下さい」(ホーキング博士)

 スティーヴン・ホーキング博士は、1942年の1月8日、イギリスのオックスフォードで誕生した。この時、彼が歴史に名を残す物理学者になるとは誰も思わなかったことだろう。そして、21歳でALS(筋萎縮性側索硬化症)を患い、その後の人生を車椅子の上で過ごすことになることも。

なぜ人は辛くても生きるべきなのか? ホーキング博士がウツ病をブラックホールにたとえた奇跡のメッセージが心に響きすぎる!の画像2画像は「abc news」より引用

「あなたが障がい者でも、それはあなたの責任ではありません。しかし、だからといって、世界を呪ったり、人々があなたに情けをかけてくれることを期待してはいけません。ポジティブな態度で、自分が今いる状況を最大限生かすしかないのです。あなたが身体障がい者であるなら、精神まで患う余裕はないのです」(同)

 当時、ホーキング博士を診察した医者は、彼が24歳までしか生きられないと診断した。しかし、ご存知の通り、ホーキング博士は現在まで生き延び、74歳を迎えている。それだけではない。彼は今も研究を続け、理論を構築し、数々の書物をしたためているのだ。

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ