バチカン重要建造物に「レプティリアンの象徴」が多数隠されていたことが発覚! ヘビ顔のキリスト像に衝撃、イエスは全人類奴隷化のための使者だった!

バチカン重要建造物に「レプティリアンの象徴」が多数隠されていたことが発覚! ヘビ顔のキリスト像に衝撃、イエスは全人類奴隷化のための使者だった!の画像1画像は「Disclose.tv」より引用

 ローマ・カトリック教会がヒト型爬虫類レプティリアンに完全に支配されている動かぬ証拠が発見された。なんと、バチカンの重要建造物にレプティリアンを象徴するデザインが多数隠されていたというのだ!

 今回問題となっている建造物はバチカン市内にある「パウロ6世記念堂ホール」である。その名からも分かる通り、第262代ローマ教皇パウロ6世が在位していた1971年に建造された。イタリアの大建築家ピエール・ルイージ・ネルヴィがデザインした荘厳なホールは、現在も教皇の謁見などで使用されている。

 バチカンの重要建造物にレプティリアンの象徴が隠されているなど、にわかに信じ難いが、騙されたと思って、まずは同ホールを上空から撮影した写真をご覧頂きたい。台形のような不思議な形をしているが、どこかヘビの頭のように見えないだろうか?

バチカン重要建造物に「レプティリアンの象徴」が多数隠されていたことが発覚! ヘビ顔のキリスト像に衝撃、イエスは全人類奴隷化のための使者だった!の画像2画像は「Disclose.tv」より引用

 さらに、ホール内に設置されている2つの楕円形のステンドグラスにも注目して欲しい。ホール全体を見渡してみると、スタンドグラスがちょうどヘビの左右の目の位置にあり、その下、口の位置にある中央のステージからは2本の牙らしきものが生えていることがはっきりと分かるではないか! 正面から見たヘビの顔と瓜二つなのだ。

バチカン重要建造物に「レプティリアンの象徴」が多数隠されていたことが発覚! ヘビ顔のキリスト像に衝撃、イエスは全人類奴隷化のための使者だった!の画像3画像は「Disclose.tv」より引用
プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ