葉巻型の小惑星! 史上初太陽系外から飛来した「Oumuamua(オウムアムア)」に監視型UFOの可能性が浮上!

【ガチ】葉巻型の小惑星! 史上初太陽系外から飛来した「Oumuamua(オウムアムア)」に監視型UFOの可能性が浮上!の画像1画像は「Daily Mail」より引用

 10月18日、ハワイ大学のPan-STARRS1望遠鏡が観測に成功した、太陽系の外から飛来した小天体「A/2017 U1」。先月トカナでも報じたばかりだが、ここに来て「A/2017 U1」の正式名称と奇妙すぎる形状が明らかになった。


■太陽系外からの飛来と確定、正式名称が決まる

「A/2017 U1」が注目されたのは、何よりその独特の軌道のためだった。詳しくは過去記事を参照して頂きたいが、太陽系の(便宜的に)真上から突入し、急角度の軌道を描いて抜けて行ったのだ。他の太陽系惑星とは似ても似つかない軌道だったため、太陽系外からやってきた天体ではないかとにわかに話題になった。そして今回、ついに「A/2017 U1」が、ほぼ太陽系外惑星で間違いないことが確証され、正式名称が決まったというわけだ。

【ガチ】葉巻型の小惑星! 史上初太陽系外から飛来した「Oumuamua(オウムアムア)」に監視型UFOの可能性が浮上!の画像2画像は「Daily Mail」より引用

 英紙「Daily Mail」(20日付)によると、「A/2017 U1」の正式名称は「OUMUAMUA(オウムアムア)」に決定した。これはハワイ語で「初めての使者(first messenger)」を意味するという。

 ハワイ天文学研究所(Institute for Astronomy in Hawaii)のカレン・ミーチ氏は、OUMUAMUAが、「宇宙線の影響を受けた赤っぽい色をしており、太陽系外に見られる物体に似ていること」、「周囲にガスやホコリをまとっていなかったこと」がこれまで明らかになっており、OUMUAMUAが水や氷などのない、岩や金属で形成された密度の高い天体である可能性が高いと指摘している。また、OUMUAMUAは数億年以上も恒星間飛行を続けているとも見積もられている。

関連キーワード

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ