シャボン玉が凍るとどうなるの? これまで謎だったメカニズムが解明、 圧倒的に美しい映像を見よ!

関連キーワード:

,

 子どもたちが大好きなシャボン玉。非常に寒い場所ではシャボン玉を凍らせて遊ぶこともできるのだが、意外なことにその科学的なメカニズムはこれまで不明だったという。だがこのたび、その仕組みが判明したという。サイエンスメディア「Science News」が報じている。

動画は「YouTube」より引用

■凍りつくシャボン玉は美しい

 シャボン玉はマイナス20度ほどの場所に置くとすぐに凍りつき始める。凍り始めたシャボン玉の表面には氷の結晶の美しい模様が次々と浮かび上がる。結晶はあっという間にシャボン玉全体を包んでいき、やがて白く凍りついた球体となる。極薄の氷のフィルムで作られたスノードームは繊細で、少しでも触れればたちまち壊れてしまう。シャボン玉が凍りつく様子を収めた動画はYouTubeにも多数アップされ、人気を博している。

動画は「YouTube」より引用

 子どものみならず胸をときめかす非常に美しい現象であるが、シャボン玉が凍る科学的なメカニズムはこれまでよく分かっていなかった。しかしこの度、米・バージニア工科大学の研究者らがその秘密を解き明かしたという。

関連キーワード

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ