被災地は150年前にも「復興に失敗」していた! 現代アートが生んだ「新しい寺」で慰霊、鎮魂… 新世代が問いかける真の復興!

【必見】被災地は150年前にも「復興に失敗」していた! 現代アートが生んだ「新しい寺」で慰霊、鎮魂… 新世代が問いかける真の復興!の画像4鈴木履物店(路面ショーケース)SIDE COREのBIENの作品

 そして、今回の新芸術祭の大きなテーマとなっているのが、廃仏毀釈(はいぶつきしゃく)である。150年前、当時の明治政府は、国家公認の宗教を仏教から神道へと変えるため、仏教伝来から千年以上続いてきた神仏習合を否定して、「神仏分離令」を出した。そのことから日本全国で激しい寺院の打ち壊しが起こり、そのことが廃仏毀釈と言われる。現在の泉地区は、泉藩と呼ばれ、およそ60の寺院があったがすべてが壊され、のちに再建されたのは2つだけという。

【必見】被災地は150年前にも「復興に失敗」していた! 現代アートが生んだ「新しい寺」で慰霊、鎮魂… 新世代が問いかける真の復興!の画像5栄泉寺跡の無縁供養塔

「だから、お寺がなくなった泉の町を実際に歩いてみて欲しい」と、黒瀬は強調する。

 第一会場から第二会場に向かう途中では、巨大な無縁供養塔が強烈な印象を残す「栄泉寺跡」、墓さえも移転したために無名墓石が多数残存するだけの「荘厳寺跡」に出会う。まさにこのプロセスが「寺のない町を歩く」ことなのである。

 150年前の廃仏毀釈で寺を失い、その後も寺の復興がなされるまま、死者を弔うことができていない。泉の町で体感する廃仏毀釈からの「復興の失敗」の光景は、不毛な復興計画だけが空回りする現在の日本における「復興」とも重ねられると、黒瀬はいう。

【必見】被災地は150年前にも「復興に失敗」していた! 現代アートが生んだ「新しい寺」で慰霊、鎮魂… 新世代が問いかける真の復興!の画像6荘厳寺跡にある多数の無名暮石

「そのあとで、僕らが現代美術として、ここに作ったお寺を観てもらう。もともと日本の美術は仏教と密接で、お寺とはそのような美術品を展示するアートスペースとして機能していました。実際、第二会場の『密厳堂』はこれから本当のお寺になるんです」

人気連載
奇習! 10代処女の「秘毛」をかき集め村中に散布! 北日本のド変態“節分”行事がヤバい!

奇習! 10代処女の「秘毛」をかき集め村中に散布! 北日本のド変態“節分”行事がヤバい!

【日本奇習紀行シリーズ 北日本】  毎年この時期になる...

人気連載
2月24日~3月1日「今週のアナタを襲うトラブル」がわかる4択占い! ラッキー音楽もLove Me Doが伝授!

2月24日~3月1日「今週のアナタを襲うトラブル」がわかる4択占い! ラッキー音楽もLove Me Doが伝授!

■2020年2月24日~3月1日「今週の運命を劇的に変え...

コメント

2:匿名 2018年2月10日 14:56 | 返信

地震利用してる感すごいな、どうりで無名ばかりだと思った
福島っつっても地震は感じた程度で被害もなかったような場所だしこんなもんか

1:匿名 2018年1月17日 22:44 | 返信

ずいぶんと無理くりだよね(笑)
あっ!黒瀬さんじゃないよ。

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。