【衝撃】NASAが火星で「クリセ・エイリアンの顔」を激写! 100%宇宙人の姿…ナスカの地上絵とも関連か!

【衝撃】NASAが火星で「クリセ・エイリアンの顔」を激写! 100%宇宙人の姿…ナスカの地上絵とも関連か!の画像4ナスカの地上絵「Thinkstock」より引用 画像は「Express」より引用

 一方、これを自然にできたクレーターだと考えるのは容易だ。ウェアリング氏は思い込みで単なるクレーターをエイリアンの顔だと誤認しているのだと非難することも簡単だろう。だが、これまでトカナで口酸っぱく指摘してきたように、かつて火星に文明が栄え、知的生命体が繁栄していた可能性はどうしても否定できないのだ。

 たとえば、米・ペンシルベニア州立大学の天文学者であるジェイソン・ライト准教授は、おおよそ数十億年前、高度な技術力を持ったエイリアンが地球、金星、火星に居住していたと主張しているのだ。

 地球はともかく、現在の火星と金星はその地表を見ても荒涼とした砂漠や岩石地帯が広がっているだけで居住には適してないと思われるが、どちらも大昔においては今の地球に似た環境であったといわれており、その時代にエイリアンはこの両惑星にも居住していたという。
 
 このことを証明するかのように、火星の地表には明らかに知的生命体が制作したとしか思えない数々の人工物に加え、火星文明の終焉を招いたと思しき戦争の遺品(「砲弾」、「兵士のヘルメット」、「戦車」など)も大量に見つかっているのだ。

【衝撃】NASAが火星で「クリセ・エイリアンの顔」を激写! 100%宇宙人の姿…ナスカの地上絵とも関連か!の画像5画像は「Thinkstock」より引用

 ダメ押しにもう1つ付け加えておこう。冷戦期に米国で行われていた超能力実験「スターゲイト・プロジェクト」の一環として実施された1984年5月22日の実験記録に火星文明の実在を決定づける証言が残っているのだ。匿名の被験者が100万年前の火星を透視したところ、そこにはピラミッドなどの人工建造物に加え、巨人が住んでいたことが分かったというのだ。同文書が公開されているCIAのオンラインライブラリは誰でもアクセスできるので、疑問に思う人は是非ご自分の目で確かめてみて欲しい。

 火星に知的生命体がいたのならば、地上絵が描かれていることは不思議ではない。真の謎は、地上絵が描かれた目的だ。そして、そのことが明らかになれば、ナスカの地上絵が描かれた本当の理由も明らかになることだろう。今後の研究に期待したい。

参考:「NASA」、「UFO Sightings Daily」、ほか

TOCANA編集部

地震予知、不思議科学、UFO、オカルト、世界遺産など知的好奇心を刺激するニュースを配信
Twitter:@DailyTocana
Instagram:tocanagram
Facebook:tocana.web

※ 本記事の内容を無断で転載・動画化し、YouTubeやブログなどにアップロードすることを固く禁じます。

人気連載
12月6~12日「今週のアナタを襲う絶望」がわかる戦慄の4択診断! Love Me Doが回避法伝授

12月6~12日「今週のアナタを襲う絶望」がわかる戦慄の4択診断! Love Me Doが回避法伝授

■2021年12月6日~12日「今週の不幸を回避し、運命...

人気連載
「遺体に抵抗の痕跡なし」が示唆する戦慄の犯行経緯とは!? 未解決・板橋資産家夫婦放火殺人事件の闇

「遺体に抵抗の痕跡なし」が示唆する戦慄の犯行経緯とは!? 未解決・板橋資産家夫婦放火殺人事件の闇

 前編で指摘した観点から、筆者はこの事件を、Aさん夫妻に...

人気連載
霊障に効果があるクリームが存在!高い波動で悪霊を退散する最強グッズ3選

霊障に効果があるクリームが存在!高い波動で悪霊を退散する最強グッズ3選

不思議ジャーナリストの広瀬学氏は、科学では解明できないこの世...

【衝撃】NASAが火星で「クリセ・エイリアンの顔」を激写! 100%宇宙人の姿…ナスカの地上絵とも関連か!のページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで

トカナ TOCANA公式チャンネル