カプグラ症候群 ― 親しい人が「見知らぬ他人」と入れ替わったように感じる悲劇の病、原因やキッカケは?

 同居していれば当然毎日顔を合わせることになる家族やパートナーだが、何らかのタイミングでこれらの身近過ぎる人が、いつもとちょっと違う感じがしたなんてことはないだろうか。もちろん髪形を変えたりといった“イメチェン”が理由の場合もあるだろうが、精神医学の分野では身近な人物が“ニセモノ”であると思い込む「カプグラ症候群」という世にも珍しい症例が報告されている。


■親しい人が“ニセモノ”になる謎の「カプグラ症候群」とは

カプグラ症候群 ― 親しい人が「見知らぬ他人」と入れ替わったように感じる悲劇の病、原因やキッカケは?の画像1在りし日のマーティさん(左)とキャロルさん(右) 「Express」の記事より


 結婚から40年間、寝食を共にしてきた高齢者カップルに、その悲劇は突然やってきた。

 いつものようにニューヨーク・セントラルパークを一緒に散歩していたカップルだったのだが、夫・マーティーさんが少し離れたところを歩いていた女性に向かって妻の名を叫んだのだ。「キャロル、こっちへおいでよ!」と。

 この奇行に驚いたキャロルさんは、夫の顔を覗き込み「私はここにいるわよ」と言い聞かせたのだが、驚いたことにマーティーさんは目の前にいるキャロルさんは自分の妻でないと否定したのだ。この時以来、不幸にもカップルの関係は引き裂かれることになる。

 マーティーさんのこの不思議な症状は「カプグラ症候群」と呼ばれるもので、その発生原因は今もって謎である。運命のいたずらか、キャロルさんはニューヨーク大学の精神科の助教授として、カプグラ症候群の患者数人の治療に携わっている。そして自分の夫がキャロルさんの新たな患者になってしまったのである。

カプグラ症候群が私たちの仲を完全に引き裂きました。その症状は愛する人との絆を断ち切る恐ろしいものだと身をもって再確認しました。夫は私のことを人生を妨害する侵入者か見知らぬ他人だと考えて接触を拒絶します」(キャロル・バーマンさん)

人気連載

フォトショ以前のコラージュ写真と戦前の犯罪現場写真集! 驚異の陳列室「書肆ゲンシシャ」が所蔵する奇妙な本

フォトショ以前のコラージュ写真と戦前の犯罪現場写真集! 驚異の陳列室「書肆ゲンシシャ」が所蔵する奇妙な本

――【連載】驚異の陳列室「書肆ゲンシシャ」が所蔵する想像を超えたコレクションを徹...

2022.11.17 17:00歴史・民俗学
「ロシアは弱い核兵器を使わない」 最強水爆“ツァーリ・ボンバ”級核でウクライナを完全破壊か?(ジェームズ斉藤)

「ロシアは弱い核兵器を使わない」 最強水爆“ツァーリ・ボンバ”級核でウクライナを完全破壊か?(ジェームズ斉藤)

【連載:某国諜報機関関係者で一切の情報が国家機密扱いのジェームズ斉藤(@Jame...

2022.10.25 20:00第三次世界大戦
ロシア軍敗北は演出、クリミア橋爆破は「核兵器使用のため」だった! プーチンの謀略で“欧州経済崩壊&NATO分裂”へ(ジェームズ斉藤)

ロシア軍敗北は演出、クリミア橋爆破は「核兵器使用のため」だった! プーチンの謀略で“欧州経済崩壊&NATO分裂”へ(ジェームズ斉藤)

【連載:某国諜報機関関係者で一切の情報が国家機密扱いのジェームズ斉藤(@Ja...

2022.10.24 20:00第三次世界大戦
円安は来年3月に終わるはずだった…「1ドル=200円超」岸田政権の売国級判断で貧困加速へ! ジェームズ斉藤

円安は来年3月に終わるはずだった…「1ドル=200円超」岸田政権の売国級判断で貧困加速へ! ジェームズ斉藤

【連載:某国諜報機関関係者で一切の情報が国家機密扱いのジェームズ斉藤(@Jame...

2022.10.20 20:00陰謀論・政治
年末に向けて心身を整える波動商品3選! 人工知能にも勝てる美容クリーム、金運が上昇する念写写真、低周波が効く波動鉱石

年末に向けて心身を整える波動商品3選! 人工知能にも勝てる美容クリーム、金運が上昇する念写写真、低周波が効く波動鉱石

 不思議ジャーナリストの広瀬学氏は、科学では解明できないこの世の不思議を探求...

2022.11.18 14:00スピリチュアル

カプグラ症候群 ― 親しい人が「見知らぬ他人」と入れ替わったように感じる悲劇の病、原因やキッカケは?のページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで

トカナ TOCANA公式チャンネル