【衝撃】1917年の写真に「現代のサーファー男」が写っていたことが判明! Tシャツ、短パン… タイムトラベラーか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0

 しかし、GoodReads.comに投稿されたコメントによると、1917年ごろには既にTシャツが存在していた可能性が高く、1920年の米大手英語辞書『Merriam-Webster』にも、T-shirtが掲載されているという。また、同投稿者が引用している米紙「Pittsburgh Post-Gazette」の記事では、Tシャツは早ければ1913年に米海軍に採用されていたとのことだ。確かに、そうだとすれば、1917年にTシャツを着た人物がいてもおかしくはない。

【衝撃】1917年の写真に「現代のサーファー男」が写っていたことが判明! Tシャツ、短パン… タイムトラベラーか?の画像3画像は「Express」より引用

 ちなみに、1940年代にカナダのブリティッシュ・コロンビア州にある橋(South Fork Bridge)のオープニングセレモニー時に撮影された写真にも、サングラスをかけパーカーを着た時代錯誤な人物が写っていることで有名だが、当時でも十分あり得る格好だったと指摘されている。サングラスは40年代より流通していた上、パーカーと思しきものはセーターである可能性が高いとのことだ。

 とはいえ、トカナがこれまでお伝えしてきたように、マイク・タイソンの試合にスマホを持った人物が紛れ込んでいたり、350年前の絵画にiPhoneが描かれていたり、時空を超えているとしか思えないものが見つかっているのも確かだ。現在の技術では過去へのタイムトラベルは不可能とされているが、科学のパラダイムは時代とともに変化するもの。今日の非常識が、明日の常識になることは往々にしてあることだ。タイソンの試合や350年前の絵画に現在普及しているスマホが紛れ込んでいることを考えると、過去へのタイムトラベルが実現する日はそう遠くないのかもしれない。
(編集部)


参考:「Express」、ほか

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。