【絶望】2019年までに富士山大噴火か!? 科学者と予言者がガチ警告する「草津白根山の次に危ない火山」5選!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント5

Shinmoedake_3.jpg新燃岳、噴火の様子 画像は「ANNnewsCH」より

(1)霧島・新燃岳
2017年10月11日、6年ぶりとなる噴火。同月の記事でも紹介したが、2015年9月発売の木村氏の著書『次に備えておくべき「噴火」と「大地震」の危険地図』(青春出版社)で、新燃岳の危険度を最大値である「5」とし、噴火時期を「2011±5年」と予測していた(1年遅れで現実化)。

(2)草津白根山
2018年1月23日に噴火した草津白根山について、木村政昭氏は同著で危険度「4」とし、噴火を「2025±5年」としていた(2年前倒しで現実化)。


■噴火の危険がある火山5選

 では、今後“本当に危ない火山”はいったいどこか、木村氏の予測を踏まえて5つ選定しよう。なお、選定にあたっては他の科学者数名と予言者の見解も加味している。また、順位はあくまでも便宜上のものであり、参考までにとどめていただきたい。


【5位】浅間山

kst_3.jpg画像は「Wikipedia」より引用

 長野県と群馬県の県境に位置する浅間山について、木村政昭氏は前述の著書で危険度「4」、噴火予想を「2025±5年」としている。また、立命館大学・環太平洋文明研究センターの高橋学教授は、前述の日刊ゲンダイの記事で「東日本大震災以降活発な要注意火山」として8つの火山を挙げており、そこに浅間山の名前も含まれている。

 東日本大震災を事前に察知した世見者(予言者)の松原照子氏は、2015年6月21日のブログ「幸福への近道」に、「草津の湯には変化が起きていなければ嬉しいのですが、この辺りが動き始めると白根山、浅間山と繋がり、富士山噴火のXデーが近付くかもしれません」と記していた。その3年後となる今年、草津白根山が実際に噴火したとなると、次は浅間山・富士山と続く可能性を考えておかなければならないだろう。


【4位】十勝岳

kst_4.jpg画像は「Wikipedia」より引用

 北海道中央部に位置する十勝岳では、2006年から山体が膨らんだり、火口が光を放ったり、火山性微動などの異変が続発している。北海道大学地震火山研究観測センター教授の村上亮氏は、「長期的に見て、火山活動の高まりを示すデータがあります。次の噴火はそれほど遠くない」(北海道ニュースUHB、2018年1月30日)と警告している。

 木村政昭氏も前述の著書で、危険度を「5」、噴火予測は「2016±5年」としている。十勝岳は約30年周期で噴火を繰り返すことが知られているが、前回の噴火から今年でちょうど30年が経過しているため、要注意だ。

コメント

5:匿名 2019年1月20日 23:40 | 返信

あいどんとのーえぶりしんぐ

4:匿名 2018年4月25日 19:57 | 返信

溶岩ドロドロで人体とろける〜♪

3:匿名 2018年4月25日 17:41 | 返信

1割も謎が解明していない火山の研究者の戯れ言なんて信用できんね

2:匿名 2018年4月25日 17:04 | 返信

今は《休火山 死火山》の概念は無くなった
過去に噴火した火山は いつどこが噴火しても おかしくない
火山灰が 目や肺に入らないようゴーグル&マスクは用意しておこう
TOCANAみたいに 毎週毎週 噴火予言してれば 
そのうち いつかは当たるだろうよw

1:匿名 2018年4月25日 08:55 | 返信

±5年で、さらに2年の誤差のことを当たったぞ、と言い切る神経が理解できない。
時間に極めてルーズな人物であることは間違いなさそうだ。

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。