【未解決事件】スウェーデン史上最強に謎の「集団失踪事件」が怖すぎる! 4人同時に消失、50年以上解決せず…!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0

【未解決事件 完全紹介シリーズはコチラ】

 1965年の夏、スウェーデンの港町で4人の男性が姿を消した。50年以上過ぎた現在でも、彼らの行方は杳として知れない。スウェーデン史上で唯一の未解決集団失踪事件をオカルトサイト「Mysterious Universe」からご紹介する。


■同時に姿を消した4人

 1965年7月29日、スウェーデン南部の港町ヨーテポリ。この街に住む若い男性3人が突如として行方をくらませた。姿を消したのは地元の造船所で働くゲイ・カールソン(Gay Karlsson、当時22)、ヨーン・オロフ・ダールシュ(Jan Olof Dahlsjö、当時21)、シュル・オーケ・ヨハンソン(Kjell Åke Johansson、当時16)である。

0523sweden-1.jpg左からゲイ・カールソン、ヨーン・オロフ・ダールシュ、シュル・オーケ・ヨハンソン。画像は「Expressen」より引用

 この日、3人はキャンプ旅行に行く予定だったという。だがあいにく天候は雨。夏とは思えないほど肌寒く、とてもキャンプには向かない日だったという。しかし、3人はダールシュの兄の青いボルボPV444で出発したらしい。なお、3人とも運転免許は持っていなかった。それ以来、3人の姿を見た者はいない。

 3人は時折軽犯罪に手を出す「悪ガキ」ではあったものの、真面目に仕事をし、家族や友人には気のいい青年であった。彼らが失踪する理由は見当たらず、現金や財産もすべてそのまま残っていた。特にヨハンソンは数カ月前に父親になったばかりで、家では妻子が帰りを待っていたのである。

人気連載
奇習! 童貞青年を人妻が筆下ろしする「性人式」があった! 盛り上がりすぎてヤバいことに…=西日本

奇習! 童貞青年を人妻が筆下ろしする「性人式」があった! 盛り上がりすぎてヤバいことに…=西日本

【日本奇習紀行シリーズ】 西日本  毎年正月を過ぎる頃にな...

人気連載
犬のお墓にまつわる本当にあった超怖い話 ― 四国「犬神信仰」の祖母が遺した“死の祟り”(川奈まり子)

犬のお墓にまつわる本当にあった超怖い話 ― 四国「犬神信仰」の祖母が遺した“死の祟り”(川奈まり子)

作家・川奈まり子の連載「情ノ奇譚」――恨み、妬み、嫉妬、性愛...

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。