【未解決事件】スウェーデン史上最強に謎の「集団失踪事件」が怖すぎる! 4人同時に消失、50年以上解決せず…!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0

 同じ日に姿を消したのはこの3人だけではなかった。ストックホルムの美術学生ヒュブナー・ルンドグヴィスト(Hübner Lundqvist、当時18)もヨーテポリで消息を絶っている。彼はヨーテポリの南にあるトレコーブで夏の休暇を過ごしていたが、退屈だったため、この日の朝「リューセヒールに行く」と言い残して一人で出かけた。

 ヨーテポリはリューセヒールとトレコーブの中間地点に当たる。ルンドグヴィストも途中でヨーテポリに立ち寄り、家族に「すべて順調、心配しないで」と書いたポストカードを送った。これ以降、彼の消息は途絶えている。

0523sweden-2.jpg事件を報じる当時の記事。右下の写真がヒュブナー・ルンドグヴィスト。画像は「Expressen」より引用

 4人の失踪は違う時期にバラバラに警察に届けられたため、当初は集団失踪事件と考えられていなかったという。捜査が行われたものの、4人の行方は50年以上たった今も不明なままになっている。カールソンやルンドグヴィストについては数年後に目撃証言があったものの、それが本当に当人だったのかはわからない。

 また、失踪後のある日、カールソンのアパートでは不気味な男が目撃されている。カールソンの妹がアパートを訪ねたところ、目的の兄はおらず、代わりに見知らぬ男が部屋にいたというのだ。しかも男はカールソンのセーターを着ていたという。妹が兄の行方を尋ねると、男は「パブ地区にいるだろう」と答えた。後に警察がこの男を探したが、結局見つからなかったという。


■鍵は銀行強盗事件?

 なぜ4人は失踪したのか? この謎を解く鍵は、失踪事件当日の1965年7月29日、ヨーテポリで起きた銀行強盗事件にあるのではないかという見方がある。

 この日の午後2時過ぎ、ヨーテポリの銀行に2人組の強盗が押し入った。1人は銃を持って行員を脅し、ブロンドのカツラに女性ものの服という奇妙な格好をしたもう1人がカウンターに置かれた金を奪ったが、人質の反撃に遭い、片方は足を撃って怪我をした。逃げ出した強盗たちは近所の川まで行くと、服を脱ぎ捨ててダイビングスーツ姿となり、川に飛び込んで姿を消した。「Frogman Heist(カエル男強盗)」の出現に街は当然大騒ぎとなったが、犯人グループは後に逮捕された。

0523sweden-3.jpg強盗逮捕時の写真。画像は「Expressen」より引用

 失踪した4人はこの事件に何らかの形で関わっていた可能性があるというのだ。ただそれが協力者だったからなのか、あるいは何かを目撃してしまったからかはわからない。しかしながら、スウェーデン史上でもとりわけ奇妙な銀行強盗事件と同じ日に、同じ街で4人もの若い男性が姿を消したことは偶然とは思えないのも確かである。

 この事件はスウェーデンでは有名な集団失踪事件で、今もネットでは好事家たちがその真相について議論を交わしているそうだ。現地メディアの報道によれば、50年以上たった今でも、家族たちはいなくなった者たちの帰りを待っているという。何とも不可思議な事件であるが、解決することを願ってやまない。

(編集部)

【未解決事件 完全紹介シリーズはコチラ】

参考:「Mysterious Universe」「reddit」「Expressen」ほか

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。