「ケムトレイルと地震兵器HAARPの実態」米国特許庁の極秘資料公開へ! 電磁波攻撃や気象コントロールなど全暴露か!?

「ケムトレイルと地震兵器HAARPの実態」米国特許庁の極秘資料公開へ! 電磁波攻撃や気象コントロールなど全暴露か!?の画像1画像は「Express」より引用

 陰謀論者ウェイン・スタイガー氏、物理学者クローディア・アルバーズ博士、YouTubeチャンネル「Planet X News」を運営するスコット・コーン氏らが、ケムトレイルに関する決定的な発見を記した書籍を出版することを発表し、話題になっているが、それにさきがけ、著者の1人であるスコット氏がYouTubeのライブ中継で、同書の一部内容を一般視聴者と共有した。

 英紙「Express」(5月3日付)によると、スコット氏は航空機から空中に化学薬品を散布するケムトレイルの事実を米国特許商標庁のとある機密資料の中に見つけたという。以前から、米国政府が何らかの目的で化学薬品を空中散布していると噂されており、その目的は気象操作、人口削減、はたまた地球に飛来するUFOを隠すためなど様々な憶測がされている。この中で最も有力な候補は気象操作であり、これは高周波活性オーロラ調査プログラム「HAARP」と関連して語られることが多い。いずれにしろ、今回の資料は政府主導の化学薬品空中散布が事実であると裏付ける決定的な証拠になるだろうと見られている。

「私たちはケムトレイルに関する極めて詳細かつ決定的な書物を発表しようとしています。ここ数週間、私は恐るべき情報を入手しました。それらは全てPDFファイルに入っています。この資料は機密指定が解除された政府の機密資料です」(スコット氏)

「ケムトレイルと地震兵器HAARPの実態」米国特許庁の極秘資料公開へ! 電磁波攻撃や気象コントロールなど全暴露か!?の画像2画像は「Express」より引用

 同資料は一部修正されているものの30ページにも及ぶ詳細なもので、航空機からのエアロゾル噴射を研究するシャドウカンパニーへの言及もあるという。

 しかし、同資料を保有していた米国特許商標庁は、特許番号が分からないため、スコット氏らの主張を認めることは不可能だと「Express」紙のインタビューに答えている。とはいえ、この点は書籍の出版とともに明らかになることだろう。

関連キーワード

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ