• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント3
【緊急】「ケムトレイルと地震兵器HAARPの実態」米国特許庁の極秘資料公開へ! 電磁波攻撃や気象コントロールなど全暴露か!?の画像1
画像は「Express」より引用

 陰謀論者ウェイン・スタイガー氏、物理学者クローディア・アルバーズ博士、YouTubeチャンネル「Planet X News」を運営するスコット・コーン氏らが、ケムトレイルに関する決定的な発見を記した書籍を出版することを発表し、話題になっているが、それにさきがけ、著者の1人であるスコット氏がYouTubeのライブ中継で、同書の一部内容を一般視聴者と共有した。

 英紙「Express」(5月3日付)によると、スコット氏は航空機から空中に化学薬品を散布するケムトレイルの事実を米国特許商標庁のとある機密資料の中に見つけたという。以前から、米国政府が何らかの目的で化学薬品を空中散布していると噂されており、その目的は気象操作、人口削減、はたまた地球に飛来するUFOを隠すためなど様々な憶測がされている。この中で最も有力な候補は気象操作であり、これは高周波活性オーロラ調査プログラム「HAARP」と関連して語られることが多い。いずれにしろ、今回の資料は政府主導の化学薬品空中散布が事実であると裏付ける決定的な証拠になるだろうと見られている。

「私たちはケムトレイルに関する極めて詳細かつ決定的な書物を発表しようとしています。ここ数週間、私は恐るべき情報を入手しました。それらは全てPDFファイルに入っています。この資料は機密指定が解除された政府の機密資料です」(スコット氏)

【緊急】「ケムトレイルと地震兵器HAARPの実態」米国特許庁の極秘資料公開へ! 電磁波攻撃や気象コントロールなど全暴露か!?の画像2
画像は「Express」より引用

 同資料は一部修正されているものの30ページにも及ぶ詳細なもので、航空機からのエアロゾル噴射を研究するシャドウカンパニーへの言及もあるという。

 しかし、同資料を保有していた米国特許商標庁は、特許番号が分からないため、スコット氏らの主張を認めることは不可能だと「Express」紙のインタビューに答えている。とはいえ、この点は書籍の出版とともに明らかになることだろう。

コメント

3:匿名2018年7月20日 08:46 | 返信

ケムトレイルは、航空機以外にもロケットでバリウムなどの化学物質を大気上層に撒き、微粒子を増加させる実験なんだけど、これはアメリカの科学雑誌でも国や州の大学が関わってやったことが、ちゃんと証拠として残ってる。いくつかの特許なんかにも、引用として載ってるし、論でも説でもない、「事実」というか、実際に行われた「実験」だよ。調べたらわかるよ。
ただし、いまはたぶんやってない。やらなくてもできる。なぜなら、地球の気候も宇宙線の線量なんかが関係してることを、デンマークの学者が2000年代にきっちり指摘してるし、実証もやってる。
竜巻も、台風も、おまけに指向性電磁波は地震も起こせる。震源が浅い地震があるでしょ?10km~の。地震は断層のズレが原因で起こってるんじゃなくて、地中の水素なんかの反応で起こってるんだけど、赤外線帯域の電磁波を電離層に照射して反射させて、地中の化学物質を励起させるっていう仕組みだと思う。あるいは電磁波照射で電離層を変化させ、宇宙線の線量を調整して地震を誘発させるか、いずれかでしょう。

2:匿名2018年6月18日 14:56 | 返信

人は自らの欲望を満たすために他者を蹴落とし殺すこともある
という基本理念を考えればこの位の事やられてて当然

そんなことするわけ無いとか経費が掛かり過ぎてやるわけないとか言う人も居るけど
欲望に取りつかれた人を理解していないか、あちら側の火消し工作なんだよね

なのでこれは、信じる信じない関係なく事実だよ

1:匿名2018年6月17日 11:55 | 返信

中和できるエアロゾルとか無いのか

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。