史上最強の体外離脱者モンローがみた「エイリアンが地球を侵略する未来」が激ヤバ! 超巨大UFOが世界を攻撃…!?

――聖書・ノストラダムス、E・ケイシー、出口王仁三朗…あらゆる究極予言から大胆なジャーナリズムで未来を読み解いたトカナBOOKS新刊書籍『神々の予定表(アジェンダ)』著者・山田高明が緊急寄稿!


■体外離脱者のモンローと「ヘミシンク」とは?

史上最強の体外離脱者モンローがみた「エイリアンが地球を侵略する未来」が激ヤバ! 超巨大UFOが世界を攻撃…!?の画像2モンロー氏「YouTube」より引用

 故・ロバート・A・モンロー(Robert Allan Monroe:1915~1995年)といえば「体外離脱」の体験者およびその研究の第一人者として知られている。

 モンロー氏は米オハイオ州立大学を卒業後、ラジオ局に就職。ラジオ番組のディレクターとしての経験を積んだ後、独立して番組制作会社を設立した。モンロー研究所のサイトによると、1950年代、彼の会社はクイズ番組などの多数のラジオ番組を制作していた。

 モンロー氏はその最中の1958年、突然、体外離脱(体脱体験)を経験、以後、その不思議な体験を繰り返すようになる。1971年、彼はその経験を基に『Journey Out of the Body』(体外への旅)を出版、また自身の体験を科学的に研究すべく、同年モンロー研究所を設立した。

 モンロー氏はまた「ヘミシンク」(Hemi-Sync)という特殊な技法を開発する。体外離脱を誘発し、制御するための音響技術だ。これは被験者に特定の波長の音を聴かせ、脳波や意識レベルをコントロールし、変性意識状態や体外離脱を誘発させ誘導する技法である。時間の概念が消失した非常に深い瞑想状態と同域にまで、労せずして達することができると言われている。

 ヘミシンクを開発したモンロー研究所は現在、初心者から上級者までの各種の滞在型の体験プログラムを運営しており、「ヘミシンク」CDの外販も行っている。また、日本でも東京青山を本部とするセンターが運営されている。


■体脱後の驚くべき体験の数々

 さて、このモンロー氏だが、肉体を抜け出た「第二の身体」(いわゆるアルトラル体)になることにより、実に多様な経験をしている。体脱後、壁抜けして空中に浮き上がり、遠隔地に瞬時移動したり、友人知人を訪ねたり、幽霊と遭遇したり……。ちなみに、この第二の身体をもってしても通電した金属の網目を通り抜けることができないことが経験上わかっており、モンロー氏はこれを応用し「幽霊捕獲器ができるかもしれない」と当時考えていたようだ。

 また彼は「死後の世界」を繰り返し訪問することにも成功した。いわゆる「地獄」を思わせる暗い世界があり、そこに大勢が蠢いているという。また逆に「天国」とおぼしき場所もあった。信じられないほど美しく、魂が満たされ、故郷に帰ったときのような想いがしたという。

人気連載
12月6~12日「今週のアナタを襲う絶望」がわかる戦慄の4択診断! Love Me Doが回避法伝授

12月6~12日「今週のアナタを襲う絶望」がわかる戦慄の4択診断! Love Me Doが回避法伝授

■2021年12月6日~12日「今週の不幸を回避し、運命...

人気連載
「遺体に抵抗の痕跡なし」が示唆する戦慄の犯行経緯とは!? 未解決・板橋資産家夫婦放火殺人事件の闇

「遺体に抵抗の痕跡なし」が示唆する戦慄の犯行経緯とは!? 未解決・板橋資産家夫婦放火殺人事件の闇

 前編で指摘した観点から、筆者はこの事件を、Aさん夫妻に...

人気連載
霊障に効果があるクリームが存在!高い波動で悪霊を退散する最強グッズ3選

霊障に効果があるクリームが存在!高い波動で悪霊を退散する最強グッズ3選

不思議ジャーナリストの広瀬学氏は、科学では解明できないこの世...

史上最強の体外離脱者モンローがみた「エイリアンが地球を侵略する未来」が激ヤバ! 超巨大UFOが世界を攻撃…!?のページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで

トカナ TOCANA公式チャンネル