• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント3
関連キーワード:

くぼみ

,

太平洋

,

最新研究

,

深海

,

足跡

 太平洋の深海に足跡のようなものが見つかったと話題になっている。深さ4000mもの海底に痕跡を残した謎の生物の正体とは?

■海底の不思議なくぼみ

 科学ニュースメディア「Phy.org」によると、海底に不思議な痕跡が見つかったのは、太平洋ハワイ諸島南沖にあるクラリオン―クリッパートン断裂帯と呼ばれる海域だ。深さ3000~6000mの海底にはコバルトなど多くの希少資源が眠っているといわれ、近年米国や日本など多くの国が調査を行っている場所である。

0828ocean-1.jpg
画像は「Royal Society Open Science」より引用

 英国立海洋研究所の海洋学研究者リー・マーシュ氏らは、2015年4~5月にこの海域で生物学的調査を行い、その結果を今月22日付で専門誌「Royal Society Open Science」に発表した。論文によると、ソナーによる調査で東北部の水深3999~4258mの海底に3500個を超える大量の奇妙なくぼみが見つかったという。くぼみは海底の地形に沿って分布しており、場所によっては6~13m間隔で21個も並んでいた。まるで足跡のようだった。

0828ocean-2.jpg
画像は「Royal Society Open Science」より引用
0828ocean-3.jpg
画像は「Royal Society Open Science」より引用

 調査ではさらに、水中カメラによってくぼみの画像が撮影された。論文に掲載された画像には、なだらかな海底に大きな穴があいている様子が映されている。周囲が崩れ、堆積物で埋もれかかっていることから、このくぼみはかなり前に作られたものだと推測されている。

0828ocean-4.jpg
画像は「Royal Society Open Science」より引用

関連キーワード

コメント

3:匿名2018年9月27日 02:39 | 返信

ゴジラじゃね

2:匿名2018年8月30日 12:21 | 返信

運営のオナホだろ

1:匿名2018年8月29日 19:50 | 返信

和田アキ子が溺れかかった痕跡が見えます(笑)

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。