• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント4
関連キーワード:

エアコン

,

女帝

,

死亡

,

熱中症

,

病院

,

院長

YandM_1.jpg
画像は、「ANNnewsCH」より引用

 灼熱の病室に扇風機1台……。熱中症で5人死亡の“藤掛病院”にまつわるヤバすぎる話とは――。

 岐阜市の「Y&M藤掛第一病院」で80代の入院患者5人が熱中症の疑いで死亡した事件が、波紋を広げている。同市で猛暑日を記録した8月26~28日にかけて同病院に入院する83~85歳の男女5人が相次いで死亡。エアコンの故障による熱中症の疑いが浮上している。

 病院側の説明によれば、エアコンが壊れたのは同20日。業者に修理を依頼したが「1カ月かかる」と言われ、そのまま放置していたという。代わりに病室に投入されたのは1台のオンボロ扇風機。この経緯から、病院側の過失が問題視されている。

 同病院の藤掛陽生院長は「何か問題があったとは考えていません」と反発。一部マスコミの取材に「患者の中には『暑い方がいい』という人もいた」と仰天発言し「COPD(慢性閉塞性肺疾患)の気管支ぜんそくのね。あっという間に亡くなりますね。そういう病気です。やっぱりタバコはひどいね」と、死亡したのはあくまで持病の悪化が原因と主張している。

 近隣住民の間では、同病院にまつわるキナ臭い話も飛び出している。50代男性によると「もともと藤掛病院は子供の風邪なんかも診てくれる総合病院だったが、藤掛院長が現在の妻であるMさんと再婚した辺りから、終末期専門の病院になってしまった。そっちの方が儲かるんじゃないの? 評判は最悪で、過去にも夏場にクーラーが壊れて、しばらく直さなかったと聞いた」という。藤掛院長は1番目の妻を早くに亡くし、その後Mさんと再婚。交際期間も短かったことから、住民の間では「遺産目当て」と陰口を叩かれることもあったという。

関連キーワード

コメント

4:匿名2018年9月 2日 07:44 | 返信

>>3
関係者乙

3:匿名2018年9月 2日 01:44 | 返信

今年はエアコン取り付けがとても混んでいて、どこの業者も同じような状態であったはず。
病院の肩を持つつもりはないが、それくらい調べてから記事を書いたらどうでしょうか?とてもジャーナリストと言えるレベルの仕事ではないですよ。

2:匿名2018年9月 1日 16:06 | 返信

和泉市のくに頭病院も最悪。
医師が勉強せず座って患者の話を聞いているだけ。
それなら害がないが、わたしは誤診によって
絶望のふちにたたされた。
他の病院で診てもらい、まっかな誤診だと知らされた。

1:匿名2018年9月 1日 13:27 | 返信

典型的なドケチ個人病院○代目 あるある
職員の給料安い(ボーナス少ない上に 固定残業代で踏み倒し)
建物ボロくて雨漏り 壁のひびや剥がれ
古いエレベーターは異音やズレ
設備点検や監査も 建て替えするまでは古い設備を黙認状態
医療機器が壊れてもすぐ買わず 修理でごまかす
必要な備品すら なかなか買わない
最低限以下の職員しかいないから スタッフは疲弊
少額の寄付金でも領収書請求
診療時間以外は 冷暖房のスイッチ切るw
近所ではドケチぶりが有名になっている(笑)
★老人医療=看取り病院は
患者が長期間(3ヶ月以上)入院するから 入院料収入が少ない
大部屋は室料取れない 個室の室料は激安
貧乏人と生活保護の割合が多い
こんな感じだぞ


コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。