• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント5
30HKD_1.jpg
画像は、「ANNnewsCH」より引用

 今月6日に発生した北海道胆振東部地震では、40人以上が死亡し、液状化現象や土砂崩れによる家屋の倒壊も相次いだ。被害が拡大した原因として、震源周辺の地盤が軟弱だったことが指摘されているが、実はそこには宅地造成などによる人為的要因も少なからず関係している。この地震で甚大な被害を受けた地域について、地盤の観点から分析するとともに、迫る首都直下巨大地震においても同様のリスクがあるか検討してみたい。


■厚真町の土砂崩れ、なぜ被害は拡大した?

 まず、震源となった厚真町では、広範囲で土砂崩れが発生して民家を押し潰した。これほどの規模で山が崩れることは異例で、結果として死者が厚真町に集中した。もともと同地は火山活動によって火山灰や軽石が堆積した軟弱地盤だが、6~8月の降水量が平年の1.6倍だったことに加え、地震前日には台風21号が通過して土壌に多量の水が含まれていたことが、さらに地盤をゆるくして被害拡大の原因となった。

HKD201809_1.jpg
画像は、「Wikipedia」より引用


■札幌市清田区の液状化も同じ、軟弱地盤だった!

 液状化現象が発生した札幌市東部の清田区は厚別川沿いの低地にあるベッドタウンだが、場所によって液状化の有無がはっきりと分かれた。道路が陥没し、住宅が大きく傾くなどの大きな被害が出たのは清田区里塚1条1丁目・2丁目だ。ここは1970年代から宅地業者が谷あいの原野や水田を盛り土で埋めた軟弱地盤であり、厚真町と同じく大雨や台風によって地中に水が溜まり、液状化が発生しやすくなっていた。


■宅地造成地はなぜ危険なのか?

HKD201809_2.jpg
画像は、「Wikipedia」より引用

 地震後、大きな被害に見舞われた清田区の住民は、市に対して「買うときは知らされなかった。なぜ、ここを住宅地として許可したのか」(フジテレビ「とくダネ!」、2018年9月10日)と訴えている。これらの教訓として、住宅の購入時には、その土地が昔どのような土地だったかを自分たちで調べることが必要だろう。宅地業者や市町村が、その土地のリスクをありのままに公開しているとは限らないからだ。

もし大地震がきたら? 最新47都道府県危険度マップ』(エクスナレッジ)では、清田区のような盛り土による造成は、切土による土砂を利用して土地を埋めるため、軟弱地盤かつ不安定になるうえ、谷を埋める盛土では地下水がたまり、谷底にすべり面を作りやすいことが指摘されている。やはり、宅地造成地の購入前には、徹底した事前調査が必要だ。

コメント

5:しじみ2018年9月26日 19:53 | 返信

百瀬直也って杉田水脈を擁護してたよね。トカナとしては、どう思ってるのかな?

4:匿名2018年9月24日 17:35 | 返信

世界の滅亡論&こんな地名は危ない!地名ロンダリングに騙されるな
オカルト滅亡論+地震前兆研究家 共同著者
ももちゃんと しんじで 本出せば?www

3:匿名2018年9月24日 08:28 | 返信

数年前に広島で起きた大規模土砂崩れの場所も大昔から忌み地だったんだよな
地名を変えたせいで分からなくなってしまった
土地を高く売りたいという強欲が招いた人災

そういえばハザードマップにも土地の値段が下がるからと反対しているアホが
居るな
はした金と命のどっちが大事なのやら

2:匿名2018年9月23日 21:25 | 返信

※1
そんな事ここで言っても何の意味があるんだか。
政府地震本部(正式名称:政府 地震調査研究推進本部)に言えばいいのにな。

1:匿名2018年9月23日 20:40 | 返信

だから、この欄に何度か書き込んでいるが、南海トラフ地震の緊張を持っている地域が行っていることを東京も参考にして……いや、真似るべきだ。
地方の真似などしてたまるか、
という考えは棄てて、教えを請うべきである。

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。