【獣姦】 NASA出資の実験中に「イルカとのセックス」に溺れた女研究者「こすりつけがエスカレートして…」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント3

 かつてNASAの出資した実験中、イルカと親密な関係を築き、性的な関係まで持った女性研究者がいたという。オルタナティブメディア「Disclose.tv」(今月4日付)がその悲しい顛末を報じている。

1003dolphin-1.jpg画像は「The Guardian」より引用

■カリブ海の島で行われた秘密実験

 1960年代、カリブ海ヴァージン諸島のセント・トーマス島のイルカ研究施設で、秘密の実験が行われていた。実験の主導者は米国の有名な脳科学者ジョン・C・リリー。彼は脳と意識に強い興味を持っており、イルカとのコミュニケーションの研究でも知られている。

 秘密裏に行われていたのは、イルカに人間の言葉を教えるというもの。地球外知的生命体とのコミュニケーションに興味を抱いていた高名な天文学者フランク・ドレイクの後押しもあり、NASAなどの政府機関もこの実験に出資していた。その実験の最中、なんと教師役の女性と教え子のイルカが性的な関係を持ったのだという。

 英紙「The Guardian」が2014年にこの実験について詳細に報じている。記事によると、1964年、当時23歳だったマーガレット・ハウ・ロヴァットはイルカの教師役としてこの施設にやって来た。施設にいたイルカはパメラとシシーという名のメスが2頭、ピーターというオスが1頭の計3頭。マーガレットはイルカたちとすぐに仲良くなり、人間の言葉を教えるべく日々レッスンを行ったという。

1003dolphin-3.jpg施設の様子。画像は「The Guardian」より引用

 熱心に訓練に励むマーガレットはやがて、さらにイルカたちとの絆を深めるため、施設内をできるだけ水で満たし、さらに自ら住み込みたいと願い出た。リリーは彼女の提案を受け入れ、夏の3カ月間、防水の部屋やベランダなどが水で満たされて、イルカが自由に泳ぎまわれるようになった。夜になるとマーガレットも水に囲まれたベッドで眠った。

人気連載
油田を発見して「経済崩壊」した国・モーリタニアのやばい謎を亜留間次郎が解説! 現在は中国政府が介入し…!?

油田を発見して「経済崩壊」した国・モーリタニアのやばい謎を亜留間次郎が解説! 現在は中国政府が介入し…!?

【薬理凶室の怪人で医師免許持ちの超天才・亜留間次郎の世界征服...

人気連載
選ばれしキャバ嬢による「プロ孫」の世界 ― 1年間の研修、3つの書類、致命的ミス… 本当にあった“罪深き世界”

選ばれしキャバ嬢による「プロ孫」の世界 ― 1年間の研修、3つの書類、致命的ミス… 本当にあった“罪深き世界”

ある元キャバ嬢から聞いた怖い話です。  キャバクラが何を売っ...

関連キーワード

コメント

3:匿名 2018年10月24日 02:38 | 返信

えーっと…何で外国の女ってこうも頭悪そうなの?

2:匿名 2018年10月8日 05:34 | 返信

SNNNNNNN姉貴かな?

1:匿名 2018年10月7日 02:38 | 返信

所詮はマッドサイエンティストの指示だもんな。
言語を習得できる可能性があると考えられるほどの高度な生き物に
感情や幸・不幸のストレスがあるとは考えない。
生き物を機械として見ている。

医学部には、実験動物の供養塔があるが
NASAにはそういう実験動物への感謝や供養の念もないんだろう。

実験に従事する人間は問題なくても、上の人間がイカレてれば
動物の自殺も起きるよな。
まぁ、本当に自殺かどうかも怪しいもんだが…。
新しい別の実験に「使って」死なせたんじゃないかと思うよ。

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。