NASA出資の実験中に「イルカとのセックス」に溺れた女研究者「こすりつけがエスカレートして…」

 NASA出資の実験中に「イルカとのセックス」に溺れた女研究者「こすりつけがエスカレートして…」の画像3マーガレットとピーター。画像は「The Guardian」より引用

 過去の調教を鑑みて、マーガレットはピーターと親密な関係を築き、訓練を進めることを決めた。マーガレットは水で満たしたエリアにピーターだけを入れ、週6日間、彼と一緒にいることとなった。「Hello Margaret.」とあいさつを教えてみたが、ピーターには「M」の発音が特に難しかったのだと、後にマーガレットは述懐している。

 ピーターはマーガレットの体の構造に興味を持っていたという。

「私が足を水に入れながら座っていると、彼がやってきて私の膝の後ろを長い間眺めているということがありました。彼はそれがどのように動くのか知りたがっていて、私はその様子に魅了されました」(マーガレット)

 ピーターはマーガレットと一緒にいたがり、その手や足に体をこすりつけるようになった。だがやがてその行動はエスカレートし、マーガレットに対して性的興奮の仕草をみせるようになったのだ。

 マーガレットはピーターの性的な興奮を慰めたという。ピーターが荒ぶっているのでもない限り、それは決して不快な行為ではなかったという。また個人的な行為でもなく、他の研究者たちが観察することもできた。

「私にとっては性的なものではありませんでした。それは絆を深めるための行為でした」(マーガレット)

 だが、この無邪気な触れ合いの終わりはすぐに訪れた。リリーの興味はLSDに移り始めており、イルカにもLSDを与える実験を始めていた。マーガレットはこの実験に反対しており、ピーターにLSDが投与されることはなかったと話しているが、他の2頭への実験を止める力まではなかったという。

 1966年になると、リリーはイルカに言葉を教える実験に完全に関心を失っていた。研究資金も尽きて、プロジェクトは終了することとなり、施設も閉鎖されることとなった。

 イルカたちはマイアミにある別の施設に移されることとなった。だがそこは、比較的自由で快適な環境に慣れていた彼らにとっては、あまりにも大きな変化だった。環境の変化と愛するマーガレットとの別れは、ピーターにとってどれだけ負担であったことだろうか。

人気連載
奇習! 10代処女の「秘毛」をかき集め村中に散布! 北日本のド変態“節分”行事がヤバい!

奇習! 10代処女の「秘毛」をかき集め村中に散布! 北日本のド変態“節分”行事がヤバい!

【日本奇習紀行シリーズ 北日本】  毎年この時期になる...

人気連載
2月24日~3月1日「今週のアナタを襲うトラブル」がわかる4択占い! ラッキー音楽もLove Me Doが伝授!

2月24日~3月1日「今週のアナタを襲うトラブル」がわかる4択占い! ラッキー音楽もLove Me Doが伝授!

■2020年2月24日~3月1日「今週の運命を劇的に変え...

関連キーワード

コメント

3:匿名 2018年10月24日 02:38 | 返信

えーっと…何で外国の女ってこうも頭悪そうなの?

2:匿名 2018年10月8日 05:34 | 返信

SNNNNNNN姉貴かな?

1:匿名 2018年10月7日 02:38 | 返信

所詮はマッドサイエンティストの指示だもんな。
言語を習得できる可能性があると考えられるほどの高度な生き物に
感情や幸・不幸のストレスがあるとは考えない。
生き物を機械として見ている。

医学部には、実験動物の供養塔があるが
NASAにはそういう実験動物への感謝や供養の念もないんだろう。

実験に従事する人間は問題なくても、上の人間がイカレてれば
動物の自殺も起きるよな。
まぁ、本当に自殺かどうかも怪しいもんだが…。
新しい別の実験に「使って」死なせたんじゃないかと思うよ。

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。