アルゼンチンの山奥で「UFOの着陸跡」が発見される! 4重の円や星型、足跡もなく… 冬季ミステリーサークルか!?

関連キーワード:

,

,

,

,

,

 南米アルゼンチンで、まるでUFOの着陸跡のような奇妙な痕跡が見つかったと話題だ。英紙「Express」(今月22日付)が報じている。


■雪の上に残された奇妙な跡

 謎の痕跡が発見されたのは、アルゼンチン西部、チリとの国境にも近いモケウエという山と湖に囲まれた小さな村だ。現地ニュースメディア「Imneuquen.com」(今月15日付)によると、現場は交通量も少なく人通りもほとんどない場所で、冬になると閉鎖されるエリアであるという。今月13日、ロドリゴという若者がオートバイを走行中、この場所で雪の上に不思議な模様を見つけた。

「大きさと完璧さが印象的でした。私は今までこんなものを見たことがありません」(ロドリゴさん)

アルゼンチンの山奥で「UFOの着陸跡」が発見される! 4重の円や星型、足跡もなく… 冬季ミステリーサークルか!?の画像1画像は「Imneuquen.com」より引用
アルゼンチンの山奥で「UFOの着陸跡」が発見される! 4重の円や星型、足跡もなく… 冬季ミステリーサークルか!?の画像2画像は「Imneuquen.com」より引用

 ロドリゴさんが見つけたのは、道路脇のなだらかな斜面に残された不思議な模様である。うっすらと残った雪の上に、4重の円や星型が描かれていたのだ。何かが雪の上に降りてきて、接地している部分だけ雪が解けるなどして、土が部分的に露出しているように見える。写真を撮ろうと近づいたロドリゴさんは、雪の上にまったく足跡がないことに気づき、さらに驚いたそうだ。

「私はUFOを信じています。もしかするとこれは彼らの仕業かもしれません」(ロドリゴさん)

関連キーワード