• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント5
「安田純平さん解放」とサウジ「記者殺害」は繋がっている! 「イルミナティVS 反イルミナティ」の構図に気付け、日本も陰謀戦争に参戦へ!の画像1
トルコ当局が公開した解放後の安田さん「ANNnewsCH」より引用

 今月24日、2015年6月に取材目的でトルコ南部からシリア北部に渡った後、イスラーム過激派組織「シリア征服戦線」(旧ヌスラ戦線)に拘束されていたジャーナリストの安田純平さん(44)が、3年4カ月ぶりに解放された。25日夜には成田空港に到着する予定だ。


■安田さん解放とカショギ事件の深い関係

 報道によると、カタール政府がヌスラ戦線におよそ3億円の身代金を提供するなど、安田さんの解放に向けて尽力したという。しかし、なぜカタール政府は日本人の人質のために多額の身代金を用意したのだろうか?

 実はカタール政府は、ヌスラ戦線やムスリム同胞団といったイスラーム過激派組織を裏で援助していると米国や中東諸国から非難されてきた経緯がある。これまでにもカタール政府は、ヌスラ戦線に拘束されたイタリア人女性、アルカイダ系組織に拘束されたフランス人ジャーナリストらの解放という名目で、テロ組織に多額の身代金を提供し、支援してきたとされる。

 だが、3年4カ月にもわたり拘束されていた安田さんが、どうしてこのタイミングで解放されたのだろうか? これには複雑な事情があるようだ。ジャーナリストの木村太郎氏は(「FNN PRIME」10月24日付)、安田さんの解放には「カショギ事件」が関わっていると指摘している。

カショギ事件について詳しくはコチラ

 現在、サウジアラビアはヌスラ戦線を支援しているカタールと国交を断絶している。というのも、ヌスラ戦線のルーツとなっているムスリム同胞団は、サウジアラビアと対立するトルコの支持を受けているからだ。

 今回のカショギ事件を機にトルコ政府はサウジアラビアへの非難を強めているが、木村氏によると、こうした状況の中、「トルコとカタールが国際社会でも影響力のある日本の賛意を得ることを期待して(安田さんの解放を)『ヌスラ戦線』に指示したのではないか」という。

コメント

5:匿名2018年10月27日 20:07 | 返信

マジなら安田ピエロすぎるさね

4:匿名2018年10月26日 13:28 | 返信

ローマ教皇が卒倒したファティマ第三の予言が、
人類滅亡や天変地異、第三次世界大戦の予告ではなく、
イルミナティ―勢力の終焉を予言したものだったなら、嬉しいんだけどな。

3:匿名2018年10月25日 20:11 | 返信

実はカタール政府は、ヌスラ戦線やムスリム同胞団といったイスラーム過激派組織を裏で援助していると米国や中東諸国から非難されてきた経緯がある、と言ったな?それは信用しない方が良いだろう。

何故なら、米国はイルミナティの言いなりの勢力が反イルミナティより勝ってるから何でも大嘘八百の難題を狙った国に擦りつけ武装でもってイラク フセインやリビアのように経済制裁など攻撃を仕掛け戦争 侵略 資源強奪をする特徴がある。

日本も過去で石油制裁をされ真珠湾攻撃に発展した。あれらはいつもそうゆう手段を使う。トランプはそうゆう野蛮な手は使わないだろうが
トランプの次世代の大統領には要注意した方が良いだろう。

2:匿名2018年10月25日 19:59 | 返信

イランの国営ラジオのサイトのニュースはロシア経由でチェックしてるよ、たまーに。イランもシリアやリビアの様にされかかってる。イルミナティの指示だろうね。

日本政府はどちらに付くんだろうね
そもそも日本古来の信仰を壊そうとした外来種っていうカテゴリーの連中だといい加減 認識せよ。

自分の命を賭けてでも真の正義感を志す日本政府、公人であってほしい。


1:匿名2018年10月25日 19:45 | 返信

え!!????まだ安田解放の詳しい情報を把握してないがカタールが安田の身代金を用意したなんて驚きだ。カタールへ嫁に行けば誰でも産油資源のお金持ちの奥さんになれると聞く。
安田はこの際、カタールに国籍をくら替えしたらどうだ?油運びの奴隷は高級奴隷だと思うぞ。日本で稼ぐ賃金と比べ単価が全く良いから。韓国からの出稼ぎ手帳なんて捨ててカタールに住むと良いと思う。紛争地域も近いし。

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。