• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント4
関連キーワード:

エリア51

,

グーグルアース

,

検閲

,

米国

,

米軍

 仕事に趣味にと何かと便利なグーグルアースであるが、一部地域でほとんど衛星画像の更新が行われていなかったことが判明し、話題となっている。グーグルのお膝元アメリカ国内でありながら8年間更新されていなかった場所は、あの「エリア51」! 米軍の圧力か、陰謀か、その背景にあるものが取りざたされている。英「The Sun」(今月25日付)他が報じている。

1029area51-1.jpg
エリア51。画像は「Daily Star」より引用

 ネバダ州の南部にあるグルーム・レイク空軍基地、通称エリア51。古くからUFOやエイリアンとの関連が指摘されている重要な秘密施設であるが、現代ではグーグルアースなどを使って誰もが簡単に衛星写真で見ることができる。グーグルアースはかなり頻繁にデータの更新を行っているのだが、どういうわけかつい最近まで、エリア51とそれに隣接するトノパーテストレンジと呼ばれる地域の画像には2008~2016年のものが含まれていなかったといい、これはアメリカ国内では最長の空白期間という。

 ネットメディア「Vice」はこのことに気づき、何らかの検閲や規制が行われているのではないかという疑いを抱いた。調査中の2017年にデータが更新され、ついにこの地域の新たな画像が追加されたが、それでも6年間分の空白が残っていた。

1029area51-2.jpg
トノパーテストレンジ。画像は「Daily Star」より引用

関連キーワード

コメント

4:匿名2018年11月 1日 15:59 | 返信

googleが米の国の企業なんだから
忖度の結果当たり前なのでは

3:匿名2018年10月31日 15:39 | 返信

俺ん家が何年も情報更新されていないのは、最高機密のせいじゃなかったのか。
単なるド田舎だから、だったのか?(*´Д`)

2:匿名2018年10月31日 13:08 | 返信

UFOマニア限定で興味を持たれている場所を、人気の場所とな?
自分の尺度でしかモノを見られないからUFOヲタはレベルが低い。

1:匿名2018年10月31日 12:59 | 返信

軍事基地だから機密なんだろう。国内の米軍基地もそうだよ。

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。