1.2億人分のFacebookアカウント情報が「11円で販売」されていたことが発覚! ロシアのハッカーが盗難…犯行手口は!?

 Facebookで新たな情報流出騒動が起きている。ロシアのサイバー犯罪集団が1億2千万件のアカウント情報を不正に入手し、一件あたり10セント(約11円)で販売すると宣伝、さらに81,000件のプライベートなメッセージを含むデータをサンプルとして公開したという。英「BBC」ほか、欧米メディアが大きく報じている。

1105facebook-1.jpg画像は「Daily Mail」より引用

■ネット上でFacebookの個人情報を販売

 今月2日付の英「BBC」によると、問題が発覚したのは今年9月のこと。「FBSaler」を名乗る人物が、英語のインターネットフォーラムに「Facebookの個人情報を販売している。我々のデータベースには1億2千万件のアカウントが含まれている」と書き込んだのだ。そしてサンプルとして81,000件のデータを投稿し、一件につき10セント(約11円)で販売するとしたのである。

 サンプルにはFacebookユーザーらのメールアドレスや電話番号のほか、個人的なメッセージや写真、チャットのログなどが含まれていた。中には恋人同士の親密なやり取りもあったという。記事によると、少なくとも5人のロシア人ユーザーが「自分のデータが含まれている」と確認したという。

1105facebook-2.jpg公開されたサンプル。画像は「BBC」より引用
プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ