• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント8
関連キーワード:

インド

,

事故

,

奇跡

,

転落

 インドの防犯カメラが奇跡の瞬間を撮影したと話題だ。一歩間違えれば死人が出てもおかしくない状況で、少年たちを救ったのはまさに神の介入だったのか——。

1115miracle-1.jpg
画像は「News Flare」より引用

■少年たちを救った奇跡

 事故が起きたのは今月11日、インド中西部のマハーラーシュトラ州プサドの街中である。3人の男の子たちが広場で凧揚げをして遊んでいたところ、凧が近くの建物の3階のバルコニーに引っかかってしまった。3人のうちの一人、スワプニル・ザグレくん(11)はバルコニーまで登って、凧を外して下に落とした。下で待っていたアーモルくん(11)は落ちてきた凧を拾うために屈み込んだ。

 その次の瞬間だった。バルコニーまで登っていたスワプニルくんが足を踏み外したのか、地面へと落下してきたのである!

 頭から地面へと墜落すれば、スワプニルくんは命すら落としていた可能性があるだろう。だがそうはならなかった。スワプニルくんは、凧を拾い上げようと背中を丸めていたアーモルくんに激突した。2人はその衝撃で地面に転がってしまったが、すぐに起き上がった。落ちてきたスワプニルくんにも偶然にも友人を受け止める形になったアーモルくんにも、幸いな事に怪我ひとつなかった。

動画は「YouTube」より引用

関連キーワード

コメント

8:匿名2018年11月19日 15:26 | 返信

落ちた側が上手く壁を蹴ったね

7:匿名2018年11月18日 15:23 | 返信

すべての運を使ってしまいましたねぇ

6:匿名2018年11月18日 04:48 | 返信

こういう馬鹿げた偶然てのは、随分昔から割に起こっていましたよ。
監視カメラやら、mobileカメラの普及で最近やたらと注目されていますけども。
言ってみれば彼の身体能力に他ありません。
それを神やなんだとか。

5:匿名2018年11月18日 01:45 | 返信

いきなり背中に来てびっくりしただろう。まあしかし良かったじゃないか

4:とある狂人2018年11月17日 18:30 | 返信

量子力学っぽいことを言えば『現実はすべて本人が創っている』んだそうだ。
しかしこの記事の内容はどう解釈すべきであろうか?上の子が自ら落ちたか下の子が落としたか、それとも両者の暗黙の了解で阿吽の呼吸で落ちてこれたか、はたまた我々の知らぬ未知の何か?の影響か、それこそ『神のみぞ知る世界』であろう。
ここから下は私的なこととなるが最近私はとある人に好意を持たれたりあるいは敵意を持たれたり、はたまたうざがられたり付きまとわれたりするがこの人がそうしているのか私がそうしているのかはまったくわからぬ、これもまた神のみぞ知る世界であろう。

3:神と言わないまでも、、2018年11月17日 16:20 | 返信

自分が幸、不幸に合った時のデータを蓄積しておくと、必ずキーパーソンになってくる者がいる。貧乏神と言うか、エナジーバンパイアと言うかはともかく、あまり関わらない方が、良い人はいる。逆にラッキーパーソンもいるが、気を付けないといけないのは、最初は良い人に感じるタイプ。本性がでるには少し時間がかかる。 記事の例では、実際、陰陽どちらのパワーが働いているか分からない。落とされた可能性もある。 良くも悪くも、子供はとくに操りやすい操り人形になってしまう事を知らなくてはいけない。(闇の現実)

2:匿名2018年11月17日 15:29 | 返信

神の介入って何言ってんだお前w

1:匿名2018年11月17日 15:13 | 返信

インドでこないだガネーシャ水に流して人も流れて死んでなかったっけ?!
たまたまが神様の介入と幸せ感じる都合の良さ

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。