• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント5

★『グランドジャンプ・プレミアム 11月号』(集英社)で「奇習」シリーズが待望の漫画化! 漫画家はなんと『不倫食堂』の山口譲司先生!! 知られざる昭和日本の奇習が“巻頭カラー”で究極のエロス爆発、絶賛発売中!!★


【日本奇習紀行シリーズ】 近畿地方

kishuu1843_02.jpg
画像は「getty」より引用

 1988(昭和63)年に起きた、いわゆる『名古屋アベック殺人事件』(大高緑地公園アベック殺人事件)では、犯行当時主犯格であったとび職の少年(19歳)を中心とした少年6人の非行グループが、何の罪もないデート中のカップルを襲撃し、集団でリンチ・強姦を加えた挙句、被害女性が「もう私を殺して」と言わしめるほどの状態へと追い込んだ末に惨殺。その後、2人の遺体を山中に遺棄するという、なんとも惨たらしい犯行が行われたが、実はこうした“カップル襲撃”を繰り返していた集団というのは、なにもこの事件に限らず、古くから存在していたようだ。


「なんでしょうね…… ああいう連中が当たり前のようにのさばっていたこと、それを誰も咎めず、罰することもできなかったこと自体、異常としか言いようがなかったと思います」


 かつて、近畿地方のとある地域で頻発したという“カップル襲撃事件”と、その犯人であったという“ある集団”についてそう語りはじめたのは、仲の良い幼馴染までもが犠牲者になるという、なんとも苦い体験をした山本洋三さん(仮名・88)。山本さんの話によると、その昔、当地とその周辺地域では、前出の『名古屋アベック殺人事件』と同様、たびたび若いカップルたちが襲撃され、無残な状態でうち棄てられるという事件が頻発していたのだという。


「当時、私はまだハタチそこそこで、ちょっと奥手な方でしたから、(事件の話を聞いても)最初は“物騒な世の中になった”ぐらいにしか思っていなかったんです。けれども、子供の頃から同じ学校に通って、それこそ家族みたいに接してきた隣の家の子が被害に遭って……それからは我が事のように考えるようになりました」


 山本さんの話によると、当時、前出の『名古屋アベック殺人事件』のような実に痛ましい事件が、当地ではたびたび発生していたのだという。そのため、家族や近隣住民との間でも、用心するようには伝え合っていたと言うが、そうした矢先、山本さんの幼馴染である女性(当時・19)が、そうした輩の毒牙にかかり、不幸にも、遺体となって発見される事件が発生してしまった。そのため、当時の山本さんは、懸命になって地道な聞き込みを行い、その結果、犯人を突き止め、当局にその内容を通報したのだという。しかし、捜査関係者から告げられた言葉は、山本さんを更なるどん底へと突き落とすものであった。

コメント

5:匿名2018年11月28日 14:04 | 返信

同和とか部落とかの話だろ、何にしても朝鮮絡み。入ってきた時代が違うだけで凶悪なのは変わらない。

4:匿名2018年11月28日 12:10 | 返信

友達の祖母が轢き逃げされた時も相手が警察不介入の朝鮮ではない方の地区の人間だったから無かった事にされたな。

3:匿名2018年11月25日 22:34 | 返信

時代と土地柄的に朝鮮人しかありえないじゃん

2:夜間になると動物のし尿液を流す賃貸部屋の住人2018年11月25日 04:34 | 返信

最近 起きた千葉の37歳基祐が母親を殺して風呂で切断、リフォームした後に逮捕って事件の方がインパクトがあったわ。そりゃ風呂が臭くなるわとか。

1:匿名2018年11月25日 01:25 | 返信

何だこりゃ読んで損した

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。