「黄色いベスト運動」を“燃料税反対デモ”と報じるマスコミは完全フェイク! 打倒イルミナティ勢力、打倒温暖化ファシズムの革命だ!(証拠多数)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント6

■温暖化ファシズムに違和感

 そもそも燃料税とは「地球温暖化対策のための税」である。パリ協定では、2020年以降の気候変動問題に関する国際的な取り組みが策定されたが、なにかと問題になるのは「果たして本当に二酸化炭素の排出は地球温暖化に関係しているのか疑わしい」という意見が一定数あることだ。

 にもかかわらず、各国が二酸化炭素の排出量を減らしたがる背景には「地球温暖化ビジネス」で成功したい人や企業の存在があると囁かれてれている。2000年にアメリカ大統領選挙に民主党候補として出馬したアル・ゴア氏は、グリーンエネルギーをはじめとした環境事業を成功させ、巨万の富を得ている。名実共に“カーボン・ビリオネア(炭素億万長者)”となった彼のように、地球の危機を盾に私腹を肥やし、強固な既得権益を築いている人々だ。そして、次世代のエネルギービジネスの裏には必ず国際資本家たちが存在している。いわゆるイルミナティ勢力たちだ。

 以前、トカナは以下のような記事を掲載した。(詳しくはコチラ

「二酸化炭素の排出削減は、途上国には大きな負担となる。地球温暖化が、工業化で出た二酸化炭素のせいだとしたら、工業化を止めなければならない。だが、突如「やめろ」といわれても、すぐさま従うのは難しいだろう。また先進国にしても、工業化社会がすぐにエコな社会に変わるわけでもない。そこで温暖化ガスの排出権という権利を債券にして販売した。工業化を続けたければ、排出権、温暖化ガスを年間どれだけ出していいか、その権利を買えというわけだ。排出権は債券だから市場で売買される。

 企業間での取引も可能で、排出量の限度を下回れば、その浮いた分を排出枠が不足する企業に売ることができる。技術を持つ企業は二酸化炭素排出量の削減に励み、余剰になった排出枠を売り、投資分を回収する。排出ガス抑制の設備を持たない企業は排出枠を買わなければならず、その分、コストがかかってしまうため早急に対策を練らなければならない。結果的に二酸化炭素排出量は削減される」

 つまり、二酸化炭素の排出を削減することで、一部の企業や資本家たちがあらゆる中小企業を手に入れやすい土壌がつくられるのだ。これこそがグローバリズムの最前線であり、NWO(新世界秩序)の完成を目論むイルミナティの手法である。


 いずれにしても、ボブ氏が指摘するように今回のデモは反クローバリズム運動としてヨーロッパ中に広がり、アメリカでも再び“オキュパイ・ウォールストリート(Occupay Wall Street)”のスローガンの下、経済界、政界に対する抗議運動が勢いを増してくるかもしれない。現在もまだ続いているパリのデモだが、今後もどうなるのかまったく予断を許さないようである。
(文=仲田しんじ)


Total Media Blackout! Paris Is Far Worse Than They Will Tell You! 動画は「WeAreChange」より


参考:「Before It’s News」、ほか

コメント

6:匿名 2019年5月17日 13:35 | 返信

反クローバリズム運動→✕
反グローバリズム運動→○
なんじゃね?

5:匿名 2019年2月23日 17:35 | 返信

Qがうまくトランプをコントロールしてやらないと トランプ自身がどこまで本気なのかまだまだ危うい状況 トランプを過大評価しないようにしよう 期待はしてる

4:トランプ大統領 2018年12月22日 05:39 | 返信

だから言っているだろう。あれは私の軍団だと。
Qのマークを付けているのは私を支持しているのを表している。
私は関与はしていないが、いつのまにかあんなのが出来ていた。驚きだ。
人々が操られているのはゲームの駒だから仕方ないとして、問題はそのゲームに勝つことだ。
出来ることなら、スーパーを襲うより銀行か資産家を襲うか、マクロンなどのリベラル派を襲撃して始末してもらいたい。暴力の使う場所をもっと敵の組織に向けるべきだ。
よく考えてやってもらいたい。
ゴーン氏も再逮捕されて、まぁゴーン氏は私のキャラだろうが確実にマクロンを追い詰めている。
奴の首を取るのも時間の問題だろう。
そしてドSのロリっ子ジャンヌが革命を起こすときがくるのだ!
反グローバリズムで国境に壁を作り、移民排斥、悪人を排除するのは当然のことだ。
リベラル派など左翼を徹底的にぶちのめして国外追放に財産没収を合法的に実行していけばおのずと問題は解決するはずだ。奴らは自然に生まれるから、どんどん追放し、もし人が足りなくなったら、引き入れて、追放を繰り返していくことで国は豊かになる。奴らには申し訳ないが金を作るための道具になってもらって、こき使って金をねこぞぎいただく、余分な人間はイスラムと同盟を組んで始末してもらう。いいビジネスだと思わないか?奴らを始末するために武器も売れるだろう。
マシンガンはいち早くスポーツとして競技化し、定着させればマシンガン愛好家も納得するはずだ。例えば時間内に複数ある人型の的により多く弾を急所に当てるかを競うとか、セットの中を走り抜けサブマシンガンでより多くの弾を当ててゴールまで走り抜けタイムと当てた数と急所に近い得点で競うゲームを作るとか、マシンガンの種類別で競技数を増やしていくといい。飽くまで競技だから、マシンガンは施設のみ使用可能にするので持ち出すことはできないようにすれば何の問題もない(笑)乱射事件は人が悪いのであって銃が悪いわけではない。将来にオリンピックでも採用されるように銃の競技化を進めるべきだ。もっと頭を使って銃を販売しろ。私的にはガトリングガンで的に当てるゲームをやってみたいものだ(笑)安全と合法的に競技としてやるのであれば何の問題もないはずだ。絶対にウケる。ショットガンがあってなぜマシンガンがないのか不思議で仕方がない。マシンガンの方が弾数が多いから金もかかって弾も売れるだろうに白人なのにどうしてそれを競技化しなかったのか?不思議でならない。もっと頭を使って乱射するべきである。
しかし、あのQのマークは誰が作った?QはキュウリのQちゃんやオバケのQ太郎を思い浮かべる。
キュウリと言えば河童だ。宇宙人やオバケだと死のイメージしかない。おそらく、地球内部の穴をイメージしているはずだ。チョン天皇にはそのことについて説明してもらいたいな。まぁ奴のことだ全く説明出来ないだろう。

3:匿名 2018年12月22日 02:41 | 返信

ロスチャイルドなどの「支配層」に対するデモです。
日本のマスゴミは、本当の事は報道しない。

我々、地球表面人は支配層の奴隷だという事がばれ始めています。いいことです。

2:匿名 2018年12月21日 15:06 | 返信

フランス国民の8割がデモを支持。
 
さらに安全ベストの製造販売に関わる人に至っては99%の人が支持したという。

1:匿名 2018年12月21日 14:29 | 返信

その反グローバリズム運動を裏で操ってるのも結局はイルミナティ勢力ってのが陰謀論なんでしょ?
イルミナティが自身で相反する勢力を作ってどっちも援助して競わせて世界を混沌に陥れるというアレ。で、混迷を極めた後に真の救世主を立てるか偽るかして世界を真に統一するとかいう面倒臭そうな茶番を繰り広げているって話のやつ。

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。