iPhoneロック解除ツール問題、米司法省やFBIとの対立で見出された“妥協点”とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント1
関連キーワード:

CIA

,

Face ID

,

FBI

,

iPhone

,

Touch ID

,

ホラッチェ

1812iphone-1.jpg
画像は「Getty Images」より引用

――謎の情報源から聞いた、最新陰謀論!!

 アメリカ司法省とアップルは激しく対立してきた。きっかけは2015年に起きた、カルフォルニア州サンバーナディーノ市で二人の容疑者が銃を乱射し14人が死亡した事件だ。その場で射殺された容疑者の犯行動機の手がかりとなるiPhoneにパスワードがかかっていて、FBIは中のデータを調べることができず、捜査がとん挫した事件である。

 その後、アメリカ司法省は裁判に勝ち、アップルに対して「iPhoneに侵入できる裏口を設置せよ」という命令が下されたが、アップルはこの裁判所の命令を拒否し続けている。裏口を設置すればすべてのiPhoneユーザーの情報が脅威にさらされるからだ。

 もちろんアメリカ政府は「その裏口の鍵はアメリカ政府だけに預ければ大丈夫だ」と主張するが、その鍵がロシアや中国の諜報機関に盗まれるリスクを考えれば、アップルの毅然とした対応は市民のセキュリティを守るものとして評価できると言われている。

 さて、ここからが本題だが、現時点でこの両者の対立は実は解決している。別の形で解決策が提供されたのだ。その始まりが指紋認証のTouch IDをデフォルトで普及させることだった。いちいちパスワードをいれなくても、親指を押し付けるだけで自分のiPhoneのロックが解除されるこの方式なら、犯人を射殺した後でもiPhoneの中身を見て、犯行の動機を調べることができる。FBIにとっては一定の評価ができる前進だ。

関連キーワード

CIA
FBI

コメント

1:匿名2018年12月31日 08:07 | 返信

iphoneは今より売上げが半分以下になると思う2020年になるとそうなっていくはず。

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。